「メガネ」から「コンタクト」への悩み~4月からの新生活で3人に1人がイメチェン!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
4月からの新生活のタイミングで「メガネ」から「コンタクト」に変えた人が3割強も!の画像1

春は<イメチェン>のチャンス(depositphotos.com)

 春の進学や就職を機に、大胆に髪形を変えてみたり、メガネを新調する人は結構いるだろう。なかには長年愛用してきたメガネを脱ぎ捨て、思い切ってコンタクトレンズに乗り換えてイメチェンを計る方々も少なくない。

 事実、参天製薬株式会社が、日常的にコンタクトレンズを使用中の20~30代男女(500名)を対象に実施したインターネット調査(2月2~6日)でも、新生活のタイミングは「コンタクトデビューがしやすいと思うか?」との問いに82%のユーザーが「そう思う」と回答している。

 そう考える理由としては「メガネから急に変わるのが恥ずかしいので」(27歳・女性)、「環境が変わるとイメージチェンジがしやすいから」(25歳・女性)、「新たなコミュニティーに移る時期に合わせて変えたほうがスムーズ」(37歳・男性)等々。

 実際、新生活や新学期を機にコンタクトデビューしたという経験派回答者が、ほぼ3人に1人(31%)いた。

メガネからコンタクトで悩みは4割増し?

 また、恋愛面や仕事上あるいは学校生活の場面等において、コンタクトデビュー後は「プラスの影響が生じたか?」との質問に関しても、およそ8割(77%)の回答層が「そう思う」と効果を裏付けた。

 具体例としては、「モテるようになった」と答えた24歳の男性もいれば、「目元のメイクがしやすくなって、全体的に華やかになった」と自己評価する30歳の女性回答者もいた。

 他にも、「見やすく/動きやすくなった」などのプラス効果から「部活(バスケ部)で活躍できるようになった」(29歳・女性)や「仕事がはかどるようになった」(31歳・女性)などのポジティブな声も浮き彫りになった。

 だが一方で、コンタクトデビュー直後は、不慣れゆえの戸惑いも少なくないようだ。

 「(デビュー当時は)目の悩みが多かったと感じますか?」との問いに、半数以上(53%)の回答者が「そう感じる」としている。さらにデビュー前(メガネ使用や裸眼)に比べて目の悩みは何割増しだったか? そう訊かれての平均回答は「4割増し」だった。

 コンタクト初心者の悩みの内訳は、「異物感がある」が53%で首位。次いで「乾きやすい」が47%を数え、「疲れやすい」の35%がこれに続いた。

 要はなんにせよ、物事の使い始めや転身直後は使いこなせるまでに戸惑いや悩みがつきものということだろう。たとえば、手入れ一つにしても不慣れな時期はとかく億劫で使用の継続を躊躇させたりもするものだが……。

がんになってもあきらめない妊活・卵巣凍結 費用は卵巣摘出に約60万円、保管は年間10万円
インタビュー「がんでも妊娠をあきらめない・卵巣凍結」後編・京野廣一医師

がん患者への抗がん剤による化学療法は妊孕性(妊娠のしやすさ)を低下させる。がんにより妊娠が難しくなる患者を支援するため、2016年4月に「医療法人社団レディースクリニック京野」が、治療前に卵巣を凍結して保存しておく「HOPE(日本卵巣組織凍結保存センター)」を設立すると発表した――。医療法人社団レディースクリニック京野理事長の京野廣一医師に卵巣凍結の仕組みについて訊いた。
前編『「がん」になっても妊娠・出産をあきらめたくない女性のための「卵巣凍結」とは?』

小笠原クリニック札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認…

横山隆

大阪市内のクリニック勤務。1987年 産業医科大…

吉田尚弘

シカゴ大学医学部内科・外科教授兼個別化医療センタ…

中村祐輔