2030年にエイズが終焉!? いまだ漸減中の日本では、患者の約3割が発症して初めて自覚

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
redribbon.jpg

人類とエイズの闘いは2030年に終焉? ちゃんた/PIXTA(ピクスタ)

 今年2月29日、厚生労働省の「エイズ動向委員会」は、2015年に新たにエイズウイルスへの感染が判明した人の数は1413人との速報値を発表した。

 これは過去9番目の数値であり、過去最多だった2013年の1590人から2年連続で減少した。

 内訳は、検査で判明したHIVウイルス感染者が990人、検査を受けず発症して初めて感染がわかったエイズ患者が423人だ。

 ときどき誤解があるが、HIVウイルスに感染した人=エイズではない。感染によって体に症状が発生したときの病名がエイズ(後天性免疫不全症候群)である。

 つまり前者はHIVに感染していても、まだエイズを発症していない人たちだ。

 年齢別では20~40代が多い。割合的に女性の新たな感染者は少ないが、過去 3 年間で46人、50人、57人と増加傾向にあるという。

 委員長の岩本愛吉・日本医療研究開発機構科学技術顧問は「感染予防策の普及啓発と治療薬の進歩で、少しずつ新規感染者は減っているのではないか」と指摘する。

がんになってもあきらめない妊活・卵巣凍結 費用は卵巣摘出に約60万円、保管は年間10万円
インタビュー「がんでも妊娠をあきらめない・卵巣凍結」後編・京野廣一医師

がん患者への抗がん剤による化学療法は妊孕性(妊娠のしやすさ)を低下させる。がんにより妊娠が難しくなる患者を支援するため、2016年4月に「医療法人社団レディースクリニック京野」が、治療前に卵巣を凍結して保存しておく「HOPE(日本卵巣組織凍結保存センター)」を設立すると発表した――。医療法人社団レディースクリニック京野理事長の京野廣一医師に卵巣凍結の仕組みについて訊いた。
前編『「がん」になっても妊娠・出産をあきらめたくない女性のための「卵巣凍結」とは?』

大阪市内のクリニック勤務。1987年 産業医科大…

吉田尚弘

小笠原クリニック札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認…

横山隆

シカゴ大学医学部内科・外科教授兼個別化医療センタ…

中村祐輔