2030年にエイズが終焉!? いまだ漸減中の日本では、患者の約3割が発症して初めて自覚

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
redribbon.jpg

人類とエイズの闘いは2030年に終焉? ちゃんた/PIXTA(ピクスタ)

 今年2月29日、厚生労働省の「エイズ動向委員会」は、2015年に新たにエイズウイルスへの感染が判明した人の数は1413人との速報値を発表した。

 これは過去9番目の数値であり、過去最多だった2013年の1590人から2年連続で減少した。

 内訳は、検査で判明したHIVウイルス感染者が990人、検査を受けず発症して初めて感染がわかったエイズ患者が423人だ。

 ときどき誤解があるが、HIVウイルスに感染した人=エイズではない。感染によって体に症状が発生したときの病名がエイズ(後天性免疫不全症候群)である。

 つまり前者はHIVに感染していても、まだエイズを発症していない人たちだ。

 年齢別では20~40代が多い。割合的に女性の新たな感染者は少ないが、過去 3 年間で46人、50人、57人と増加傾向にあるという。

 委員長の岩本愛吉・日本医療研究開発機構科学技術顧問は「感染予防策の普及啓発と治療薬の進歩で、少しずつ新規感染者は減っているのではないか」と指摘する。

子どもが発熱してもあわてない! 薬を減らして免疫力を育てよう
インタビュー「飲むべきか、飲まざるべきか、それが薬の大問題」第1回・とりうみ小児科院長・鳥海佳代子医師

過剰医療を招く一因ともいわれる、わが国の医療機関への「出来高払い制」。国民皆保険制度によって恵まれた医療を享受できる一方、<お薬好き>の国民性も生み出す功罪の両面がある。薬は必要なときに、必要な分だけ――限りある医療資源を有効に使う私たちの賢い選択とは? とりうみ小児科の鳥海佳代子院長に訊く。

日本中毒学会評議員(同学会クリニカルトキシコロジ…

横山隆

理学療法士。日本で数年勤務した後、豪・Curti…

三木貴弘

ジャーナリスト、一般社団法人日本サプリメント協会…

後藤典子