「三木貴弘」の記事一覧

三木貴弘(みき・たかひろ)

理学療法士。日本で数年勤務した後、豪・Curtin大学に留学。オーストラリアで最新の理学療法を学ぶ。2014年に帰国。現在は、医療機関(札幌市)にて理学療法士として勤務。一般の人に対して、正しい医療知識をわかりやすく伝えるために執筆活動にも力を入れている。お問い合わせ、執筆依頼はcontact.mikitaka@gmail.comまで。

三木貴弘

「理想的な姿勢」は存在しない~「同じ姿勢を続けること」が病気のリスクに

前回、腰痛と姿勢の関係、「そもそも良い姿勢とは何か」ということを説明した。今回はより具体的に、腰痛と良い姿勢の関係について考えていきたい。 たとえば、米国整形外科学会(AAOS)では、仕事中に腰痛を感じたらオフィスの椅子や座り方に問題がないか点検するべきあり、それには次…続きを読む

「理想的な姿勢」は存在しない~「同じ姿勢を続けること」が病気のリスクに

あなたのその姿勢が腰痛を生む~そもそも「良い姿勢」「悪い姿勢」って何?

腰痛になった時、「姿勢が悪いからですよ」「姿勢をよくしましょう」とアドバイスを受けた人は多いのではないだろうか? 実際に腰痛と姿勢については、昔から様々な研究や検証が行われており、避けては通れない問題であることは間違いない。なぜ腰痛と姿勢が関係あるのか? そもそも、「良い姿…続きを読む

あなたのその姿勢が腰痛を生む~そもそも「良い姿勢」「悪い姿勢」って何? 

慢性腰痛は「医療者の言葉」が原因!? ネガティブな発言に惑わされるな

腰痛には必ず始まりがあるということは、この連載で何回も述べている。そして、その始めの時点で、つまり急性期の時点で適切に処置をすれば、腰痛は風邪のように治るということを第3回で書いた。 では、なぜこれほど多くの人が慢性的な腰痛に悩まされているのか。前回、医学的な要因だけで…続きを読む

慢性腰痛は「医療者の言葉」が原因!? ネガティブな発言に惑わされるな

不適切な治療が“ぎっくり腰”を慢性腰痛に! 完治には「視点を変える」

多くの現代人を悩ます「腰痛」。腰痛にはさまざまな原因、病態があり、全て原因も治療方法も異なる。そして、腰痛の85%が"原因不明"といわれている「非特異性腰痛」。「画像所見で異常が見られない腰痛」と定義されているものだ。 そのなかでも、厄介な「慢性非特異性腰痛」を知るには…続きを読む

不適切な治療が“ぎっくり腰”を慢性腰痛に! 完治には「視点を変える」

ぎっくり腰はいつもの生活に早く復帰することで治る! 安静ではなく「Stay Active」が常識

腰痛が慢性化しないためには、腰痛を発症した直後のマネージメントが重要だ。急性腰痛の時点で適切な処置をすれば、慢性腰痛に発展せず、風邪が治るかのように腰痛も治る。そこで適切にマネージメントをするか、自己流でやってしまうか、それによって、腰痛が慢性化してしまうかどうかの分かれ道…続きを読む

ぎっくり腰はいつもの生活に早く復帰することで治る! 安静ではなく「Stay Active」が常識

海外では「理学療法士」が腰痛を診断・治療! 患者と医療費を減らす“協力体制”とは?

腰痛の85%は「非特異性腰痛」と呼ばれる"原因不明"のものだ。画像診断では、15%しか正しく診断することができない。では、実際のところどのようにすれば良いのか、海外の取り組みを紹介する。 腰痛の診断について、ほかの国ではどうしているのだろうか。たとえばオーストラリアでは…続きを読む

海外では「理学療法士」が腰痛を診断・治療! 患者と医療費を減らす“協力体制”とは?

ほとんどの「腰痛」は画像で診断できない! 原因不明の「非特異性腰痛」とは?

腰痛は現代病の一つであり、多くの人が経験している。正しく対処すれば、風邪と同じように治るものなのだが、実際は多くの人が腰痛に苦しんでいる。その理由を考えてみよう。 腰痛といっても実際は様々な原因、病態がある。脊椎管狭窄症、椎間板ヘルニア、腰椎すべり症......。すべて…続きを読む

ほとんどの「腰痛」は画像で診断できない! 原因不明の「非特異性腰痛」とは?
がんになってもあきらめない妊活・卵巣凍結 費用は卵巣摘出に約60万円、保管は年間10万円
インタビュー「がんでも妊娠をあきらめない・卵巣凍結」後編・京野廣一医師

がん患者への抗がん剤による化学療法は妊孕性(妊娠のしやすさ)を低下させる。がんにより妊娠が難しくなる患者を支援するため、2016年4月に「医療法人社団レディースクリニック京野」が、治療前に卵巣を凍結して保存しておく「HOPE(日本卵巣組織凍結保存センター)」を設立すると発表した――。医療法人社団レディースクリニック京野理事長の京野廣一医師に卵巣凍結の仕組みについて訊いた。
前編『「がん」になっても妊娠・出産をあきらめたくない女性のための「卵巣凍結」とは?』

小笠原クリニック札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認…

横山隆

大阪市内のクリニック勤務。1987年 産業医科大…

吉田尚弘

シカゴ大学医学部内科・外科教授兼個別化医療センタ…

中村祐輔