>  > 死の真実が“生”を処方する(滋賀医科大教授 一杉正仁)
「死の真実が“生”を処方する(滋賀医科大教授 一杉正仁)」の記事一覧

人の死で自然死は稀である。病気、事故、自殺、犯罪――。さまざまな死因を探ることは、いまを生きる私たちの健康や生活に大きく寄与する。数多くの死体と対話してきた法医学の専門医が、その死因を解き明かしながら生命の謎に迫る。

タバコがなくなる日が来る? 喫煙の健康被害と火災リスクは誰も望まない

世界保健機関(WHO)は毎年5月31日を「世界禁煙デー」と定めて、タバコの害に関する健康教育、非喫煙者の保護に関する啓発活動を進めています。 日本では厚生労働省が「2020年、受動喫煙のない社会を目指して~たばこの煙から子ども達をまもろう~」をテーマに掲げ、5月31日~…続きを読む

タバコがなくなる日が来る? 喫煙の健康被害と火災リスクは誰も望まない

バス事故から考える職業ドライバーの健康〜タクシーでは約3割が体調不良でも乗務

今年1月、とても痛ましい事故が発生しました。乗客と乗員、計15人が亡くなった、長野県軽井沢町のスキーツアーバス事故です。4年前に起きた関越自動車道ツアーバス居眠り運転事故を上回る犠牲者を出しました。 事故の後、業者の安全軽視を裏付けるような経緯が表面化。事故を起こしたバ…続きを読む

バス事故から考える職業ドライバーの健康〜タクシーでは約3割が体調不良でも乗務

コップ1杯のシャンプーで死ぬことも~あなたの身近にある“毒”の危険

我々の身近にあるものの中に、生命に危険を及ぼす可能性のある物質は、少なくありません。本来の使用目的に従っていれば、その危険性はありませんが、子どもや高齢者が誤って口にすれば……。 日常生活で何げなく使うものが、危険な場合があります。たとえばピーナツ。乳幼児が誤嚥すると気…続きを読む

コップ1杯のシャンプーで死ぬことも~あなたの身近にある“毒”の危険
HIVも予防できる 知っておくべき性感染症の検査と治療&予防法
世界的に増加する性感染症の実態 後編 あおぞらクリニック新橋院内田千秋院長

前編『コロナだけじゃない。世界中で毎年新たに3億7000万人超の性感染症』

毎年世界中で3億7000万人超の感染者があると言われる性感染症。しかも増加の傾向にある。性感染症専門のクリニックとしてその予防、検査、治療に取り組む内田千秋院長にお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

あおぞらクリニック新橋院院長。1967年、大阪市…

内田千秋

(医)スターセルアライアンス スタークリニック …

竹島昌栄

ジャーナリスト、一般社団法人日本サプリメント協会…

後藤典子