連載「死の真実が“生”を処方する」第24回

救急車の到着時間が年々遅くなっている! 救急搬送される前に私たちにもできること

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
804176-2.jpg

救急車を要請(覚知)してから到着までの平均時間は8.2分Takamex / Shutterstock.com

 一般的に救急車を呼ぶと、適切な応急措置が施され、適切な医療機関に搬送されると理解されています。しかし、平成24年11月に総務省が公表した資料に、驚くべき数字がありました。

 救急車を要請(覚知)してから到着までの平均時間は、平成23年で8.2分という結果だったのです。

 平成13年は、平均で6.2分ですから、到着までの時間が年々遅くなっているのです。それに伴って、病院へ収容されるまでの時間も、平成13年には28.5分でしたが、平成23年には38.1分と年々長くかかるようになっています。

 たとえば、心肺停止状態に陥った時、数分間、脳に血液が流れなければ脳死状態になり、社会復帰は不可能になります。また、外傷で出血した場合には、一刻も早く出血を止める必要があります。救急車だけに頼っていては命を救うことはできません。

国民の力で助かった

 一般の人による応急手当てが有効であるというデータがあります。

 平成23年にわが国では、約12万7000人が心肺停止状態で救急搬送されました。そのうち、救急隊が到着する以前に、何らかの応急手当てがなされた人のうち、1カ月後に生存していた人の割合は6.2%でした。しかし、応急手当てがなされていなかった人では5.1%と低いことが分かりました。

 これは、あらゆる原因の心肺停止者を対象としています。したがって、救命不可能な激しい損傷を負っていたり、倒れた瞬間の目撃者がいないため、状況が明らかでない例を含まれています。

 そこで、心臓が原因で心肺停止状態になり、かつ倒れた瞬間の目撃者がある例に限ってみます。すると、応急処置を受けていた人は、1カ月後に14.2%の人が生存していましたが、応急処置を受けていなかった人は8.6%という結果でした。

 救急車が到着するまでの間の応急措置が、いかに大事であるかが分かります。

一杉正仁(ひとすぎ・まさひと)

滋賀医科大学社会医学講座(法医学)教授、京都府立医科大学客員教授、東京都市大学客員教授。厚生労働省死体解剖資格認定医、日本法医学会指導医・認定医、専門は外因死の予防医学、交通外傷分析、血栓症突然死の病態解析。東京慈恵会医科大学卒業後、内科医として研修。東京慈恵会医科大学大学院医学研究科博士課程(社会医学系法医学)を修了。獨協医科大学法医学講座准教授などを経て現職。1999~2014年、警視庁嘱託警察医、栃木県警察本部嘱託警察医として、数多くの司法解剖や死因究明に携わる。日本交通科学学会(副会長)、日本法医学会、日本犯罪学会(ともに評議員)、日本バイオレオロジー学会(理事)、日本医学英語教育学会(副理事長)など。

一杉正仁の記事一覧

一杉正仁
子どもが発熱してもあわてない! 薬を減らして免疫力を育てよう
インタビュー「飲むべきか、飲まざるべきか、それが薬の大問題」第1回・とりうみ小児科院長・鳥海佳代子医師

過剰医療を招く一因ともいわれる、わが国の医療機関への「出来高払い制」。国民皆保険制度によって恵まれた医療を享受できる一方、<お薬好き>の国民性も生み出す功罪の両面がある。薬は必要なときに、必要な分だけ――限りある医療資源を有効に使う私たちの賢い選択とは? とりうみ小児科の鳥海佳代子院長に訊く。

日本中毒学会評議員(同学会クリニカルトキシコロジ…

横山隆

理学療法士。日本で数年勤務した後、豪・Curti…

三木貴弘

ジャーナリスト、一般社団法人日本サプリメント協会…

後藤典子