人と一緒に食事ができない! 「会食恐怖症」に悩む人たちに伝える、その克服法とは

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
人と一緒に食事ができない! 「会食恐怖症」に悩む人たちに伝える、その克服法とはの画像1

もしかして、あなたは「会食恐怖症」ではありませんか?

 もしあなたが、「会食恐怖症」という、病名を聞いたことがあるのなら、よほど精神医療の最新のトピックスに詳しいか、あるいは自身が会食恐怖症の当事者であるかのどちらかだろう。

 自分がその病気に該当する身でありながら、この病名を知らないために悩み続けている人は少なくないのではないか。

「会食恐怖症」、それは、誰かと一緒に食事をすることが極めて苦痛で、そのような会食の機会を避けるようになってしまっている人たちを指す。この「会食恐怖症」は社交に対する不安から来ており、ひとりで食べるのは平気という人は多い。いわゆる拒食症とはまったくタイプが異なる。

「いまはありがたいことに、全然緊張せずに人と一緒に食事を楽しめるようになりました」
 こう話すのは、『会食恐怖症を卒業するために私たちがやってきたこと』(内外出版社)の著者山口健太氏。現在、「一般社団法人日本会食恐怖症克服支援協会」の代表理事を務めるが、かつては深刻な会食恐怖症に悩まされていた。

「もともと、子供のころから家族仲があまりよくなく、食事の間も無言でピリピリした雰囲気が漂っていたため、私にとって食事の時間は楽しいものではありませんでした。

 そんな私が決定的に会食恐怖症になってしまったきっかけが、高校のときの野球部の合宿です。そこでは、食事のたびに大量のご飯が出され、全部食べないと怒られるのですが、私はどうしても食べきることができない。そのうちに、吐いてしまったらどうしようなどと考え始め、誰かと食事をすると苦しくなるようになってしまいました」
 
 実際に、人と食事をしたときに吐いてしまったこともあるという山口氏。高校時代は、友達からの食事の誘いを避け続けていたという。しかし大学に入ると、このままではいけないと思い始め、会食恐怖症を克服する方法を自ら模索するようになる。ひとつのきっかけとなったのが、飲食店でのバイトだった。

「そこでも賄いとして大量のご飯が出され、私はとても食べきれないと思ったのですが、この時に『私はご飯を食べるのは苦手で、こんなにたくさん食べることはできません』と正直に伝えたことが転機になりました。怒られると思ったら、店の人から『それなら練習だと思ってゆっくり食べたらいいよ』と言っていただき、気が楽になったのです」と山口氏は話す。それからは、軽い食事から段階を踏んで人と一緒の食事を食べるようにしていき、徐々に会食恐怖症を克服していったという。

里中高志(さとなか・たかし)

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年生まれ。早稲田大学第一文学部卒。大正大学大学院宗教学専攻修了。精神保健福祉ジャーナリストとして『サイゾー』『新潮45』などで執筆。メンタルヘルスと宗教を得意分野とする。著書に精神障害者の就労の現状をルポした『精神障害者枠で働く』(中央法規出版)がある。

里中高志の記事一覧

里中高志
胃の不快感の多くは実は「機能性ディスペプシア」という病気
日本初の『胃弱外来』開設」後編:巣鴨駅前胃腸内科クリニック・神谷雄介院長

前編『大病院を転々した末にたどり着く「胃弱外来」 初診から約1カ月で8割の患者の症状が改善』

胃痛やもたれ、むかつきなどの症状があっても、検査の結果異常がないと診断され悩みを抱える患者さんが少なくない。こうした胃の悩みを抱える人たちのために開設したのが胃弱外来。患者さんの多くは新しく認知された『機能性ディスペプシア』や『胃食道逆流炎症』などの疾患だ。その具体的な治療法について話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

フィットネスアドバイザー。JT東京男子バレーボー…

村上勇

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年…

里中高志

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太