消費者庁が「乳児用液体ミルク」を「特別用途食品」として許可する基準を新設

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

乳児用の液体ミルクの価格は粉ミルクの約3倍に?

 ただし、ネックがある。乳児用液体ミルクは粉ミルクに比べ、製造原価が粉ミルクの約2倍、設備コストや流通コストが乗ると約3倍に膨らむので、割高になる。飲み残しを放置すると、雑菌が繁殖しやすい衛生面のデメリットもある(朝日新聞:1995年4月19日「欧米のお母さんに人気 乳児用液体ミルク」)。

 したがって、乳児用粉ミルクの市場シェアが高い明治乳業などの大手乳業メーカーは、製造技術があっても、利益率が低い乳児用液体ミルクの製造・販売に二の足を踏んできた。一方、アメリカをはじめ欧米諸国は、乳幼用液体ミルクの製造・販売に国家予算を投入している国も多い。

 阪神・淡路大震災や東日本大震災のような大規模災害が発生する度に、乳児用液体ミルクの国内販売を求める市民活動が立ち上がり、2015年5月に日本小児科学会は関係省庁に「災害時の液状ミルクと使い捨て哺乳瓶の確保」を要望している。全国の母親たちが「乳児用液体ミルクプロジェクト」を発足し、厚労省に提言する動きもある(毎日新聞:2015年12月5日)。

 育児ノイローゼやワンオペ育児などに悩む子育て世代にとって、乳児用液体ミルク解禁が及ぼす影響は大きい。今後の動向に注意しよう。 
(文=編集部)

jousetsu-bannar.jpg
難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆