連載「死の真実が〈生〉を処方する」第44回

シートベルトとの接触で痛み、腸と皮膚の境界から出血…気づかれにくい「人工肛門」の苦労

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

やはり辛い「人工肛門」の日々

 大腸がんなどで大腸を切除した患者さんには、ストーマ(人工肛門)を付けている人がたくさんいます。このケアには特殊な袋などの装具が必要ですが、身体障害者手帳があれば装具の購入も自己負担額は原則1割です。

 通常は、肛門に代わる穴を下腹部に空け、そこに袋を付けます。そして、その袋に排泄物が出されます。人工肛門として体に袋を付けるため、接着剤のようなものを塗ります。そのため、その接着剤で皮膚がかぶれてしまう人もいます。また、腸の端が皮膚のすぐ下に逢着されるので、この境界から出血することもあります。

 排泄物がたくさん出れば袋がいっぱいになり、すぐに処理をする必要があります。袋を外す際には、こぼれないように、そして臭いなどに気を遣わなければなりません。

 たとえば新幹線に乗車する場合、処理ができる最新のトイレ(オストメイト対応トイレ)を完備した車両がないと困ってしまう。ほかにも、日頃の服装や入浴、睡眠など、多くのことに気を遣います。

 また、自動車の運転では、人工肛門を付けているとシートベルトが接触します。すると、痛みが出るそうです。シートベルトの位置を少しずらしたり、長時間の運転を避けるなどの工夫が必要なのです。

 近年はさまざまなバリアフリー対策が行なわれており、車椅子利用者のためのスロープ、視覚障害者のための点字ブロックなどは目にすることが増えました。

 とはいえ、さまざまな内部障害のある人への対応は、まだまだ発展途上のようです。真のバリアフリー社会の到来には、さらなる取り組みが必要でしょう。

連載「死の真実が"生"を処方する」バックナンバー

HIVも予防できる 知っておくべき性感染症の検査と治療&予防法
世界的に増加する性感染症の実態 後編 あおぞらクリニック新橋院内田千秋院長

前編『コロナだけじゃない。世界中で毎年新たに3億7000万人超の性感染症』

毎年世界中で3億7000万人超の感染者があると言われる性感染症。しかも増加の傾向にある。性感染症専門のクリニックとしてその予防、検査、治療に取り組む内田千秋院長にお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

あおぞらクリニック新橋院院長。1967年、大阪市…

内田千秋

(医)スターセルアライアンス スタークリニック …

竹島昌栄

ジャーナリスト、一般社団法人日本サプリメント協会…

後藤典子