既婚者より「未婚者」「死別者」は認知症のリスクが高く、「離婚者」は脳卒中・肝硬変リスクが高い

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

離婚すれば、脳卒中、肝硬変のリスク、自殺に至る恐れも

 ところで、パートナーとの離別・死別は、認知症だけでなく、脳卒中や肝硬変、余命にも影響を及ぼすとする報告もある。日本人の生活習慣とさまざまな病気との関係を究明し、生活習慣病の予防や健康寿命の延伸に役立てるための多目的コホート研究(JPHC研究:Japan Public Health Center-based prospective Study)を見よう。
 
 昨年(2016年)3月28日、国立がん研究センターの予防研究グループは、約15年に渡って追跡調査し、「婚姻状況の変化(既婚者から非婚者へ)」と「脳卒中発症のリスク」との関連性を発表した。対象は、研究開始時の1990年(および1993年)に、全国9カ所の保健所管内で既婚者だった40〜69歳の男女約5万人。調査開始から5年前に配偶者と同居(既婚)していた対象者が選ばれ、婚姻状況の変化による影響を調べた。

 その結果、2134人が脳卒中を発症し、婚姻状況に変化が生じた人ほど発症リスクが高かった。特に脳出血のリスクが高く、男女差は見られなかった。

 また、国立社会保障・人口問題研究所が発行する雑誌『人口問題研究』(1999年)は、日本人の男女を「①配偶者あり」「②配偶者と死別」「③配偶者と離別」「④未婚」の4グループに分類し、それぞれの「平均余命」を算出して公表した。

 その結果、婚姻状況の変化がアルコール摂取量を増加させるため、肝硬変などの発症リスクが高まることが判明。さらに、居住形態や経済環境が一変し、人間関係の悪化や破綻によるストレス過剰に陥れば、最悪の場合は自殺に至るリスクが強まる事実が確かめられた。 

 今回の研究成果は、どれも恐ろしい。それは男女差がないからだ――。冒頭の名言を想起しよう。「妻は夫が若いときは愛人になれ。夫が中年になったら友人になれ。夫が年をとったら看護婦になれ」。古今東西、幸福な結婚の真理はただ一つ、夫婦円満!
(文=編集部)

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

新宿大腸クリニック院長。1988年、東京大学医学…

後藤利夫

一般社団法人日本薬業研修センター漢方講座執筆・編…

笹尾真波

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆