連載「恐ろしい危険ドラッグ中毒」第38回

喘息治療薬「テオフィリン」の大量服用は生命に危険が及ぶ急性中毒症を招く

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
喘息治療薬「テオフィリン」の大量服用は生命に危険が及ぶ急性中毒症を招く の画像1

テオフィリンは気管支の筋肉を弛緩させることによって、きわめて強力な気管支の内腔を拡張させるため、特に喘息発作時に有用である(depositphotos.com)

 現在も喘息治療薬として広く用いられている「テオフィリン」は、「カフェイン」と同様、「キサンチン誘導体」に分類され、両者の化学構造式はきわめて類似している。

 テオフィリンは気管支の筋肉を弛緩させることによって、きわめて強力な気管支の内腔を拡張させるため、特に喘息発作時に有用である。日本での代表的商品では「テオドール」が広く行きわたっている。

 以下、私が数年前に経験した、自殺目的で致死量以上のテオフィリン製剤を服用した症例について紹介する。

気管支喘息で治療中の患者がテオフィリン製剤を大量服用

 28歳女性。10年間ほど気管支喘息や統合失調症を患い、かかりつけ医院でテオフィリンや向精神薬などによる薬物治療を受けていた。

 ある日、自宅にて、かかりつけ医院で処方されていたテオドール(200mg/錠)200錠を服用して自殺企図した。向精神薬は服用しなかった。数時間後悪心、嘔吐、頭痛、腹痛、下痢、動悸を認め、さらに全身の筋肉がピクピクし、四肢のしびれ感を訴えた。

 服用後、約7時間して夫が帰宅し、妻の異常に気づいた。救急車を要請し、服用後9時間10分経過して、病院に搬送された。意識レベルはやや混濁しており、血圧は82/42 mmHgと低下、脈拍は158/分と著明に増加し、心室性不整脈を認めた。

 患者自らテオフィリン製剤を大量服用して、自殺企図したことを告白。急性テオフィリン中毒を疑い、ただちに同剤の血中濃度を検査した。重症中毒濃度とされる80~100μg/ml以上をはるかに超える195.9μg/mlを呈していた。

 服用後、既に長時間を経過していたため、本中毒の治療で極めて有用な直接血液灌流(患者の静脈内にカテーテルを挿入し、体内の血液を取り出して、中毒の原因となる物質を回路内のカラムに吸着させ、浄化された血液を再度体内に戻す血液透析に類似した治療法)を3時間施行した。血液灌流による治療後の濃度は、46.2μg/mlと低下し、治療した6時間後には、喘息患者の有効治療領域である10~20μg/mlである15.3μg/mlまで低下した。悪心、嘔吐、頭痛、動悸などの諸症状も次第に緩和し、不整脈も消失した。

 入院後、3日目に退院した。ところがその6日後、発作的に再度テオドール30錠(6g相当)を服用し、3時間後に前回と同じような症状を呈し、救急搬送された。搬送時血圧は88/52 mmHg、脈拍は126/分であった。血中濃度は、前回とは異なり、服用後短時間しか経過していなかったため、228.1μg/mlときわめて高値であった。

 前回同様、直接、血液灌流を3時間施行したところ、終了後には63.0μg/mlと著明に低下した。翌日には18.0μg/mlと安全域濃度に回復した。入院後3日目に退院したが、その後精神科病院に入院となった。

HIVも予防できる 知っておくべき性感染症の検査と治療&予防法
世界的に増加する性感染症の実態 後編 あおぞらクリニック新橋院内田千秋院長

前編『コロナだけじゃない。世界中で毎年新たに3億7000万人超の性感染症』

毎年世界中で3億7000万人超の感染者があると言われる性感染症。しかも増加の傾向にある。性感染症専門のクリニックとしてその予防、検査、治療に取り組む内田千秋院長にお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

あおぞらクリニック新橋院院長。1967年、大阪市…

内田千秋

(医)スターセルアライアンス スタークリニック …

竹島昌栄

ジャーナリスト、一般社団法人日本サプリメント協会…

後藤典子