連載「恐ろしい危険ドラッグ中毒」第41回

自殺目的で「硫酸」を飲むと悲惨な結末に! 「アシッド(酸)アタック」は今でも世界中で頻発

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

               

硫酸による被害は? 治療法は?

 硫酸は、工業用、化学薬品としてのみならず、バッテリー液などとして広く用いられ、一般の人にも容易に入手可能である。最近ではインターネットを利用しての購入が盛んになり、悪用されるケースも増加している。

 障害の程度は、硫酸の濃度、暴露量、皮膚や臓器内での接触時間などに影響される。皮膚への暴露は、軽症の場合では、疼痛、発赤程度で済むが、高濃度の暴露では、瘢痕、壊死を呈し、特に顔面損傷のケースでは、美容上、大きな損傷を認めることになり、身体的、社会的、心理的に長年苦しめられることになる。

 経口摂取した場合では、消化管の損傷による口腔咽頭痛、嚥下困難、嘔吐、腹痛、吐血、下血などを認め、重症例では消化管穿孔、意識障害、ショック、多臓器不全などを呈し、死に至るケースもある。眼に入った場合は、結膜炎、角膜混濁、視野狭窄、最悪のケースでは失明することもある。

 治療法は、硫酸に対する解毒剤は存在しないので、皮膚や眼に暴露した際には汚染した衣服を脱がせ大量の水で洗浄して補液を十分行うこと、経口摂取した際には直ちに口腔内の洗浄し牛乳や水で希釈することなどの対症療法が主となる。催吐は禁忌である。
             
 私たちは、硫酸を用いての犯罪行為、自殺企図は、自他ともに悲惨な結果を招くことを十分認識すべきであろう。 


連載「恐ろしい危険ドラッグ中毒」バックナンバー

HIVも予防できる 知っておくべき性感染症の検査と治療&予防法
世界的に増加する性感染症の実態 後編 あおぞらクリニック新橋院内田千秋院長

前編『コロナだけじゃない。世界中で毎年新たに3億7000万人超の性感染症』

毎年世界中で3億7000万人超の感染者があると言われる性感染症。しかも増加の傾向にある。性感染症専門のクリニックとしてその予防、検査、治療に取り組む内田千秋院長にお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

あおぞらクリニック新橋院院長。1967年、大阪市…

内田千秋

(医)スターセルアライアンス スタークリニック …

竹島昌栄

ジャーナリスト、一般社団法人日本サプリメント協会…

後藤典子