自宅で人間ドックが受けられる「おうちでドック」はがん検診の低受診率を変えられるか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新たなリキッドバイオプシーでがん検診は大きく変わる

 現在、日本では国をあげてがん検診を推進しているが、がん研究振興財団の「がんの統計’15」では、がん検診受診率の国際比較の項目では、「OECD(経済協力開発機構)加盟国の70%~80%と比較して約40%と低い」としている。
 
 一方、日本対がん協会では、早期に発見でき、さらに治療を行うことで死亡率が低下することが科学的に証明されているがんとして、胃がん、肺がん、乳がん、子宮頸がん、大腸がんの5つをあげている。
 
 しかし、胃がんではX線検査と内視鏡検査、肺がんではX線とハイリスク者に対する喀痰細胞診の併用以外には、死亡率を減少させるという十分な根拠はなく、子宮体がん、前立腺がん、甲状腺がん、肝胆膵腎がん(肝炎ウイルス・キャリア検査を除く)などの検診でも、今のところ効果があるかどうか不明であったり、有効であってもデメリットが大きいなどの問題があるとしている。(参考:日本対がん協会HP)

 ただこうした課題も、精度の高い検診をより早期に受診することで状況が変わる可能性がある。

「おうちでドック」のがんのリスク検査では、これまでの腫瘍マーカーが使われているが、最近では、がんが血中に分泌する「マイクロRNA」と呼ばれる物質に着目したがん検査が国立がん研究センターなどのチームで開発されつつある。血液1滴で13種のがんの有無を診断できるというものだ。

 また、血液中に漏れ出して体内を循環しているがん細胞(血中循環腫瘍細胞)や血液中にわずかに漏れ出したがん由来のDNA(血中循環腫瘍DNA)なども新たなマーカーとして研究が進む。

 こうした新たなリキッドバイオプシーについてハルメク・ベンチャーの井上耕平代表取締役社長は「おうちでドックはあくまでもプラットホームであると考えています。あらたなリキッドバイオプシーが確立され次第、そうしたものはどんどん取り入れていきたいと考えています」と話す。

 郵送検査キット商品などの簡便な健康診断、がん検診が、今後どのように進化していくのか、注目したいところだ。
(文=編集部)

妊活で<シチュエーションを変える>も吉~不妊治療は互いの愛情の確認から始めよう
インタビュー「『射精障害』での不妊が増えている」第3回:岡田弘医師(獨協医科大学埼玉医療センター・泌尿器科主任教授)

「非婚化」「晩婚化」と並んで、結婚した夫婦の間でも子どもができなくなっていることが、人口減少の一因であることは論をまたない。獨協医科大学埼玉医療センターの泌尿器科主任教授・岡田弘氏の診察室には、男性が原因で不妊となっている夫婦が数多く訪れる。なかでも近年、急速に増えているのが、挿入はできるけれど、女性の中で射精できない「膣内射精障害」だという。

Doctors Select

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年…

里中高志

大阪市内のクリニック勤務。1987年 産業医科大…

吉田尚弘

小笠原クリニック札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認…

横山隆