連載「“国民病”腰痛の8割以上はなぜ治らないのか」第34回

睡眠不足や睡眠障害で腰痛に? 免疫機能の乱れから痛みに敏感に……

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

睡眠不足が「痛み」に敏感にさせる

 これらのことから、睡眠の不足や障害が腰痛に影響していることは間違いなさそうだ。さらに、生活習慣病やがんにまで影響するのだから、睡眠の重要性が改めて認識したい。

 では、なぜ睡眠不足が生じると腰痛の回復が遅れたり、腰痛が悪化したりするのか? じつはまだ、その因果関係はすべてが解明されていない。

 ただし、2015年の論文によると、睡眠不足から「免疫機能」の乱れが生じて<痛みの閾値(しきいち)>が下がったり(今まで感じなかったわずかな刺激で痛みを感じる=痛みに敏感になる)、炎症が治りづらくなったりするからではないかと推測されている。

眠れないのは「動いていない」から

 私が勤務する病院でも、よく眠れない患者はたくさんいる。特に高齢者だ。

 その理由はさまざまだが、ひとつは「動いていない」からだ。動いていないから疲れないし、眠くもならない――という悪循環に陥っている。その理由は、腰痛があって動きたくないというケースもある。単純に日中の活動量が少ないという場合もある。

 動けないほどの腰痛であれば通院できないだろう。そのような人には、腰痛が悪化しない程度になるべく動くように指導する。また、病院での理学療法も<受け身>ではなく、自ら動く運動療法を処方する。

 もちろん、前述の「腰痛と睡眠の関係性」を説明し、良質な睡眠には、日中の活動量を確保して適度な疲労が効果的であることを伝える。

 眠りの悩みを解決することで、<腰痛の悪循環>を断ち切ることも可能だ。また、良質な睡眠は、腰痛改善以外にも<生活の質>もアップするはずだ。
(文=三木貴弘)

連載「国民病”腰痛の8割以上はなぜ治らないのか」バックナンバー

HIVも予防できる 知っておくべき性感染症の検査と治療&予防法
世界的に増加する性感染症の実態 後編 あおぞらクリニック新橋院内田千秋院長

前編『コロナだけじゃない。世界中で毎年新たに3億7000万人超の性感染症』

毎年世界中で3億7000万人超の感染者があると言われる性感染症。しかも増加の傾向にある。性感染症専門のクリニックとしてその予防、検査、治療に取り組む内田千秋院長にお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

あおぞらクリニック新橋院院長。1967年、大阪市…

内田千秋

(医)スターセルアライアンス スタークリニック …

竹島昌栄

ジャーナリスト、一般社団法人日本サプリメント協会…

後藤典子