【病気の知識】

悪性黒色腫

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

どんな病気

 いわゆる、ほくろのがん。皮膚のメラノサイトとよばれるメラニン(褐色の顆粒)を生成する細胞のがんです。皮膚腫瘍のなかで、悪性度が最も高い。メラノーマ(Malignant melanoma)とも呼ばれ、ほくろと一見同じに見えても全く別の病気です。進行すると、リンパ節や他の臓器(脳、骨、内臓)に転移して致命的な結果を引き起こします。

 足の裏のほくろは危ないという話を耳にしたことはありませんか? 常に刺激をうける足の裏は、ほくろががん化する可能性を示唆していると思われます。メラノーマ場合、問診すると「昔はほくろだった」と答える患者は少なくありません。これは2つの解釈があります。本当のほくろが何らかの刺激(外傷やヤケド、男性の顔面では髭そりなど)で悪性化した場合、もう一つは、もともとがんの初期だったケース。メラノーマは、後者が多いと考えられています。

どんな症状

 ホクロのように黒色の色素斑として出現するものがほとんど。身体のどの部分にも生じえます。時間が経つと隆起してきたり、周囲に色素が染み出します。まれに赤色調で表面がびらん(皮膚がなくむけている状態)するものもあります。

どんな検査

 皮膚科専門医であれば、視診である程度は診断できます。ただの色素斑ではないと判断した場合、デルマトスコープ(一種の拡大鏡)で詳細に観察します。結節から滲出液などがあれば腫瘍からの産生物(5-SCD)の有無をスタンプ蛍光法で確認します。

 通常、腫瘍の確定診断は、腫瘍の一部を切除し病理組織診断、生検を行います。しかし、悪性黒色腫は、生検で病態が悪化することがあるので行いません。原則は病変をすべて摘除して病理組織検査を行います。その後、必要に応じて追加切除を早期に実施します。

 悪性黒色腫は、多臓器への転移がないかを精密に調べ、化学療法や放射線療法を併用することがあります。

どんな治療

 原則は手術療法。通常のがんと同様、状況によって手術が無効な場合や、化学療法をはじめとする全身療法が必要な場合があります。

どんな予防法

 予防法はありません。紫外線は関与するので、日光の強い曝露は避けたほうがいいでしょう。最近できて急に大きくなった色素斑や、急に濃くなったり、周囲に染み出してきた色素斑は、皮膚科を受診しましょう。

どんな治療薬

 手術のほか、化学療法を補助的に行います。

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆