「2017年9月」の記事一覧

没後25年・尾崎豊、26歳の変死〜死因は?自殺か?遺書の信憑性は?

酒、ドラッグ、セックス、精神破綻……。27歳の交差点の迷走。それは、誰も避けられないのだろうか。27歳で夭逝するロックスターたちが余りにも多すぎる。「27クラブ」の破綻・失墜だ。 「悪魔に魂を売った」ブルース歌手ロバート・ジョンソン、「ローリング・ストーンズ」のギタリス…続きを読む

没後25年・尾崎豊、26歳の変死〜死因は?自殺か?遺書の信憑性は?

台湾での卵子提供からの出産に日本人女性は177人  出産した女性は96人、出生児は110人 !

台湾政府は、生殖医療機関77施設を対象に対面・電話・電子メールによる「不妊治療に関する実態調査」を実施したところ、72施設から回答を得た(回収率94%)。その結果、台湾で卵子ドナーから卵子提供を受けた日本人女性は、2014~16年の3年間で少なくとも177人、出産した女性は…続きを読む

台湾での卵子提供からの出産に日本人女性は177人  出産した女性は96人、出生児は110人 !

痴漢は「性的欲求」を満たすためではない~<男尊女卑的価値観>の支配欲求か?

はじめて社会病理学的視点から「痴漢」を解析した『男が痴漢になる理由』(イースト・プレス)。 本書を上梓した大森榎本クリニック(東京都)精神保健福祉部長の精神保健福祉士・社会福祉士の斉藤章佳氏に、痴漢の真相について訊く第2回目。 今回は、そもそも、なぜ特定の男性が痴漢…続きを読む

 痴漢は「性的欲求」を満たすためではない~<男尊女卑的価値観>の支配欲求か?
がんになってもあきらめない妊活・卵巣凍結 費用は卵巣摘出に約60万円、保管は年間10万円
インタビュー「がんでも妊娠をあきらめない・卵巣凍結」後編・京野廣一医師

がん患者への抗がん剤による化学療法は妊孕性(妊娠のしやすさ)を低下させる。がんにより妊娠が難しくなる患者を支援するため、2016年4月に「医療法人社団レディースクリニック京野」が、治療前に卵巣を凍結して保存しておく「HOPE(日本卵巣組織凍結保存センター)」を設立すると発表した――。医療法人社団レディースクリニック京野理事長の京野廣一医師に卵巣凍結の仕組みについて訊いた。
前編『「がん」になっても妊娠・出産をあきらめたくない女性のための「卵巣凍結」とは?』

大阪市内のクリニック勤務。1987年 産業医科大…

吉田尚弘

小笠原クリニック札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認…

横山隆

シカゴ大学医学部内科・外科教授兼個別化医療センタ…

中村祐輔