「2017年4月」の記事一覧

「買い物弱者」が全国に700万人超? 例外ではない<クルマ離れ世代の若者>

最近よく見かける「買い物弱者(買い物難民)」――「食料品アクセス問題」「フードデザート(food desert=食の砂漠)問題」とも報じられる。 要は「流通機能や交通網の弱体化に伴い、食料品などの日常の買い物が困難な状況下に置かれている『弱者』」をそう呼ぶ。 この食…続きを読む

「買い物弱者」が全国に700万人超? 例外ではない<クルマ離れ世代の若者>

ギャンブル依存症から救う<魔法のコトバ>~依存症は意志の強さだけでは治せない

今、注目されている「ギャンブル依存症」。昨年末の衆議院本会議で成立・施行された「特定複合観光施設区域の整備の推進に関する法律(IR推進法)」でカジノが合法化されるため、懸念の声が上がっている。 そのため、その対策を検討する閣僚会議が開催されたり、ギャンブル依存症対策地方…続きを読む

ギャンブル依存症から救う<魔法のコトバ>~依存症は意志の強さだけでは治せない

戦後最悪の殺人事件で法改正? 精神保健福祉法改正案に日本精神神経学会が懸念を表明

2016年7月26日に「津久井やまゆり園」で発生した相模原障害者施設殺傷事件は、19人が死亡した戦後最悪の殺人事件として、日本中に衝撃をもたらした。それと同時に、精神科の「措置入院」のあり方についても、論議を巻き起こすことになった。 というのも、同事件の植松聖被告は、障…続きを読む

戦後最悪の殺人事件で法改正? 精神保健福祉法改正案に日本精神神経学会が懸念を表明
離島での事業継続と都市型のドミナント戦略の共存で急成長の訪問看護ST
インタビュー「訪問看護ステーション」後編:Recovery International株式会社代表・大河原峻さん

前編『自由な発想で事業を拡大!看護師が起業した「訪問看護ステーション」の成長の秘訣』
訪問看護の業界において、これまでの訪問看護の枠に囚われない自由な発想で事業を拡大し急成長を遂げている訪問看護ステーション「Recovery International株式会社」。同社を運営する河原峻氏に、今回は同社が進める離島での訪問看護事業、今後のビジョンなどについて話を聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

神戸市垂水区 名谷病院 内科勤務。1987年 産…

吉田尚弘

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

つつみ病理相談所http://pathos223…

堤寛