連載「病理医があかす、知っておきたい「医療のウラ側」」第19回

梅毒は知的能力を高める? 数多くの文学者・芸術家たちを悩ませた梅毒史

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

徳川家康は遊女に接することを戒めた

 1639年、江戸幕府は鎖国政策を実施。長崎出島での貿易相手国はオランダ、中国、朝鮮、琉球の4カ国に限られた。江戸は100万人を抱える大都市へと発展し、交通網の発達、上下水道の普及など、当時でも世界第一級の都市として繁栄した。

 梅毒が性行為感染症であることは古くから経験的に知られており、徳川家康は遊女に接することを自ら戒めていたという。

 一方、1626年には江戸幕府公認の吉原遊郭が設けられた。江戸期の遊女は実に8割が梅毒に罹患していたらしい。脱毛が最もよく知られた第2期梅毒の症状だった。

 感染後3年ほどすると<鼻欠け>が生じ、皮膚の結節性病変、ひどい関節痛、内耳病変による難聴、眼球病変による失明、最終的には脳病変による歩行不能、嚥下困難が生じて死に至った。

江戸に住む男性の3人に1人が梅毒に

 江戸末期の1854年、日本はついに開国した。英国の医師ウィリアム・ウィリスは、江戸に住む男性の3人に1人は梅毒にかかっていると記載。多くの市民が梅毒を運命(定め)として受け入れていることを、複数の外国人医師が驚きをもって記述した。

 江戸中期、杉田玄白は『形影夜話』に50年間で数万人の梅毒患者を診察したが、治せなかったと記録している。

 遊女に対する健康診断(梅毒チェック)を目的とした医療施設(駆黴院)は、英国の医師ジョージ・ニュートンによって横浜、神戸、長崎につくられた。しかし、当時「梅毒スピロヘータ」に有効な薬は存在せず、塩化水銀が治療薬に用いられたが恐ろしい副作用を引き起こした。

 フリッツ・シャウディンとエリック・ホフマンによって「トレポネーマ」が発見されたのは1905年、秦佐八郎とポール・エールリッヒによってサルバルサン606が化学合成されたのが1910年。アレキサンダー・フレミングによるペニシリンの発見は1929年、ハワード・フローリーとエルンスト・チェインによるペニシリンの実用化は1940年だった。

 抗生物質の普及によって以前のように恐れられる必要はなくなったものの、日本で再び梅毒が急増しているのは、何を暗示しているのだろう。
 
*参考資料:『江戸の性病』(刈谷春郎著、三一暫房、1993)

連載「病理医があかす、知っておきたい「医療のウラ側」」バックナンバー

堤寛(つつみ・ゆたか)

藤田保健衛生大学医学部第一病理学教授。慶應義塾大学医学部卒、同大学大学院(病理系)修了。東海大学医学部に21年間在籍し、2001年から現職。「患者さんに顔のみえる病理医」をモットーに、病理の立場から積極的に情報を発信。患者会NPO法人ぴあサポートわかば会とともに、がん患者の自立を支援。趣味はオーボエ演奏、日本病理医フィルハーモニー(JPP)団長。著書に『病理医があかす タチのいいがん』(双葉社)、『病院でもらう病気で死ぬな』(角川新書)、『父たちの大東亜戦争』(幻冬舎ルネッサンス)、『完全病理学各論(全12巻)』(学際企画)など。

堤寛の記事一覧

堤寛
眠れなければ、あえて「寝床から出ろ!」~ 良い睡眠を生む<起きている時間の過ごし方>
インタビュー「ビジネスパーソンのための睡眠学」第3回 働安全衛生総合研究所・産業疫学研究グループ部長:高橋正也氏

第1回「ビジネスパーソンのための睡眠学〜『4時間でも、ぐっすり眠れば大丈夫』は都市伝説」
第2回「すべての不眠に睡眠薬が効くわけではない~寝付けなければ『睡眠日記』で原因を探れ!」
第3回「眠れなければ、あえて『寝床から出ろ!』~ 良い睡眠を生む<起きている時間の過ごし方>」
勤務時間もプライベートも、パフォーマンスを高く保つために欠かせないのは、なんといっても健全な睡眠である。しかし、いまの日本には、睡眠時間を確保できなかったり、うまく眠れない人があまりにも多すぎる。ビジネスパーソンが正しく睡眠を取るためにはどうすればいいのか?労働安全衛生総合研究所で睡眠を専門に研究する産業疫学研究グループ部長の高橋正也氏に聞いた。

日本中毒学会評議員(同学会クリニカルトキシコロジ…

横山隆

シカゴ大学医学部内科・外科教授兼個別化医療センタ…

中村祐輔

藤田保健衛生大学医学部第一病理学教授。慶應義塾大…

堤寛