千葉大医学生も! 有名大で強制わいせつ・強姦事件が続出〜被害者の「セカンドレイプ」を防ぐには

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あらゆる性暴力は犯罪、性暴力に正当性は一切ない

 言うまでもないが、民主主義社会の根幹が思想、言論、通信の自由にあり、情報を知る自由も拒む自由もあるのは論をまたない。だが、知性・感情・意思を兼ね備えた社会的動物、それが人間だ。

 人間としての誇りと倫理観と節度があるからこそ、法律という社会的な縛りに関わりなく、欲望を自制するだけでなく、さらに高次元に欲求を変換できるのだ。つまり、思想、言論、通信の自由が公共の利益や個人のプライバシーを侵害するなら、その自由と権利は制限されるのは自明の理だ。

 そのような観点に立てば、「金玉潰し祭り」のような喧騒は、性暴力を公然化し、容認するように誘導する悪意が感じられる。バイアスのかかった、性意識や性衝動を招きかねないリスクすら感じる。

 あらゆる性暴力は犯罪だ。性暴力に正当性は一切ない。セクシュアリティ(性のあり方)も性の選択も性行動も、個人の自由と裁量に託されている。

 だが、自己の性的な欲求や陶酔を求める自由はあっても、他人への強要や勧誘はできない。性犯罪の被害者を不快にする行為は許されないし、不快感を受けない権利も侵せない。そのような作為は、セカンドレイプに他ならない。

 これは「情報に触れなければいい」という議論でもなく、あらゆる性暴力は犯罪なのだ。
(文=編集部)

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆