千葉大医学生も! 有名大で強制わいせつ・強姦事件が続出〜被害者の「セカンドレイプ」を防ぐには

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あらゆる性暴力は犯罪、性暴力に正当性は一切ない

 言うまでもないが、民主主義社会の根幹が思想、言論、通信の自由にあり、情報を知る自由も拒む自由もあるのは論をまたない。だが、知性・感情・意思を兼ね備えた社会的動物、それが人間だ。

 人間としての誇りと倫理観と節度があるからこそ、法律という社会的な縛りに関わりなく、欲望を自制するだけでなく、さらに高次元に欲求を変換できるのだ。つまり、思想、言論、通信の自由が公共の利益や個人のプライバシーを侵害するなら、その自由と権利は制限されるのは自明の理だ。

 そのような観点に立てば、「金玉潰し祭り」のような喧騒は、性暴力を公然化し、容認するように誘導する悪意が感じられる。バイアスのかかった、性意識や性衝動を招きかねないリスクすら感じる。

 あらゆる性暴力は犯罪だ。性暴力に正当性は一切ない。セクシュアリティ(性のあり方)も性の選択も性行動も、個人の自由と裁量に託されている。

 だが、自己の性的な欲求や陶酔を求める自由はあっても、他人への強要や勧誘はできない。性犯罪の被害者を不快にする行為は許されないし、不快感を受けない権利も侵せない。そのような作為は、セカンドレイプに他ならない。

 これは「情報に触れなければいい」という議論でもなく、あらゆる性暴力は犯罪なのだ。
(文=編集部)

睡眠障害治療の新たな幕開け!個人に必要な睡眠の「量」と「質」を決める遺伝子を探せ
インタビュー「睡眠障害治療の最前線」後編:筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構・佐藤誠教授

前編『『人間の「脳」は7時間程度の睡眠が必要! 本当のショートスリーパーは100人に1人程度!?』』

ひとくちに睡眠障害といっても、さまざまな症状がある。1990年代後半から脳内に眠気を誘う「睡眠物質」を探す研究にスポットライトが当たり、2018年からは睡眠の質と量を決める遺伝子の解析も進められている。今回は睡眠障害について、筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構の佐藤誠教授に話しを聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆