連載「恐ろしい危険ドラッグ中毒」第26回

大口病院の「点滴殺害事件」に見る「界面活性剤中毒」の恐怖! 家庭用の石鹸や洗剤にも使用

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

クレゾール石鹸液による自殺未遂の実例

 筆者は20年前、自殺目的でクレゾール石鹸液を経口摂取した79歳女性例を診察した経験がある。患者は早朝に50%クレゾール石鹸液を自宅から持ち出して、先祖の墓前で80mLを服用して自殺をくわだてた。

 服用から2時間30分後に、墓地を通行していた人に発見され、救急搬送された。意識不明で、血圧は低下し、呼吸苦、チアノーゼ、けいれんを認めていた。

 呼吸、循環管理、大量の点滴を行い、血液透析の一種である血液灌流法を3時間行い、クレゾールの血液中の濃度は317.4μg(マイクログラム)から102.5μgマイクログラムまで減少した。その後48時間後には9.9μgまで低下し、症状は緩和した。幸い10日後に退院できた。

 石鹸液であるので界面活性剤が含まれているが、成分の分析はできなかった。クレゾール石鹸液は、60mL以上飲むと死亡することがある。また血中濃度が100μg以上で致死的であるといわれているが、この症例は無事に生存できた。

連載「恐ろしい危険ドラッグ中毒」バックナンバー

横山隆(よこやま・たかし)

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリニカルトキシコロジスト、日本腎臓学会および日本透析学会専門医、指導医。
1977年、札幌医科大学卒、青森県立病院、国立西札幌病院、東京女子医科大学腎臓病総合医療センター助手、札幌徳洲会病院腎臓内科部長、札幌東徳洲会病院腎臓内科・血液浄化センター長などを経て、2014年より札幌中央病院腎臓内科・透析センター長などをへて現職。
専門領域:急性薬物中毒患者の治療特に急性血液浄化療法、透析療法および急性、慢性腎臓病患者の治療。
所属学会:日本中毒学会、日本腎臓学会、日本透析医学会、日本内科学会、日本小児科学会、日本アフェレシス学会、日本急性血液浄化学会、国際腎臓学会、米国腎臓学会、欧州透析移植学会など。

横山隆の記事一覧

横山隆
難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆