連載「乳酸菌で腸内環境を改善、がんも予防!」第14回

腸内をキレイにして素肌美人に! 便秘による肌荒れは皮膚から排出された“腸の腐敗物”?

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

皮膚の保湿効果や肌機能のバリア効果も

 同時にこの実験のデータでは、皮膚の角層水分の含有量についても、大きな差が出ていた。ビフィズス菌発酵乳飲用グループは、疑似飲料グループに比べて皮膚の角層水分含量が有意に高い値を示していたのだ。つまり、ビフィズス菌を日常的に摂取していれば、肌の潤いが保たれるということになる。

 また、乳酸菌やビフィズス菌を多く含むヨーグルトは、美肌づくりに最適な食品だ。ヨーグルトには、良質なたんぱく質やビタミンB2やビタミンAなどが含まれている。

 ビタミンB2は皮膚の毛細血管を丈夫にし、ダメージを受けた皮膚を再生させる働きを持っている。ビタミンAは乾燥肌を防ぎ、汗腺や皮脂の機能を正常に保ち、皮膚の角化を促す効果がある。それによって、小じわなどの皮膚の老化を防いでくれる。また、皮膚の細菌感染を防ぐという役割も果たしている。

 さらに、美肌のもうひとつの大敵には、ストレスがあげられる。ストレスがかかるとホルモンのバランスがくずれ、肌のバリア機能が低下したり、皮膚の血液量や水分含有量が減ってしまう。

 それに対して、ヨーグルトの粘り成分がストレスによる肌の機能障害に効果を発揮し、肌機能を改善させることがマウスによる実験で確認されている。ヨーグルトの粘り成分というのは、乳酸菌が産出する多糖類だが、その粘り成分も美肌づくりに役立っているということになる。

 美肌づくりに関わっている乳酸菌としては、サーモフィラス菌1131株、JBL05株、ブレーベヤクルト株、ブルガリア菌2038株などがあげられる。美肌作りを目指したい人は、このような乳酸菌が入っているヨーグルトを日頃から摂取していくとよいだろう。


連載「乳酸菌で腸内環境を改善、がんも予防!」バックナンバー

後藤利夫(ごとう・としお)

新宿大腸クリニック院長。1988年、東京大学医学部卒業。92年、東京大学附属病院内科助手。「大腸がん撲滅」を目標に独自の無麻酔・無痛大腸内視鏡検査法を開発。大腸内視鏡40000件以上無事故の大腸内視鏡のマイスター医師。一般社団法人・食と健康協会顧問。著作に『あなたの知らない乳酸菌力』(小学館)、『その便秘こそ大腸ガンの黄信号』(祥伝社)、『腸イキイキ健康法』(主婦と生活社)、『腸をきれいにする特効法101』(主婦と生活社)、『腸いきいき健康ジュース』など多数。大腸がんのインターネット無料相談も実施中。
新宿大腸クリニック
公式HP http://www.daicho-clinic.com

後藤利夫の記事一覧

後藤利夫
難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

一般社団法人日本薬業研修センター漢方講座執筆・編…

笹尾真波

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純