連載「乳酸菌で腸内環境を改善、がんも予防!」第10回

乳酸菌には「花粉症」を予防する効果がある〜アレルギーを生じさせるメカニズムとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

花粉症の原因、免疫グロブリンE(IgE)抗体を減らす効果も

 一方、アレルギーの主役となるのは、免疫グロブリンE(IgE)抗体と呼ばれるもの。こちらは、アレルゲンと結合し、そのことによって肥満細胞という細胞から、ヒスタミンなどの化学物質が分泌され、それがかゆみや鼻炎などのアレルギー症状を引き起こす原因となる。

 このIgE抗体をつくらせるのは、我々の体内の免疫システムの一つであるヘルパーT細胞だ。粘膜のバリアが破られ、花粉などの異物が体内に侵入するとヘルパーT細胞から異物に対する攻撃命令が出る。

 T細胞には、Th1細胞とTh2細胞の2種類があり、Th1細胞は細胞性免疫、Th2細胞は抗体を中心とした液性免疫を担当する。Th1細胞とTh2細胞はシーソーのようにそれぞれが相手に対して抑制的に働く。T細胞がバランスよく働いていれば良いが、そのバランスが崩れてTh2細胞の働きが強くなると、抗体を生産するB細胞に働きかけ、IgE抗体をどんどん過剰につくらせる結果となる。

 つまり、ヘルパーT細胞の誤作動によって、花粉が体内に侵入するごとにアレルギー症状を引き起こすIgE抗体がつくられて、あのつらい目のかゆみや鼻づまり、鼻水、くしゃみなどの症状が引き起こされることとなる。

 乳酸菌が、このTh1細胞の働きを強め、Th2細胞を抑制することは、多くの実験の結果として報告されている。乳酸菌は、花粉症状を抑制する IgA抗体を増やし、逆に花粉症状を引き起こすIgE抗体を減らすという働きをしてくれるのだ。

 特に花粉症に効果があるとされているのはBB536株で、そのほか、GCL1176株、HSK201株、K-2株、LGG菌、L-55株、L-92株、シロタ株なども関連している。


連載「乳酸菌で腸内環境を改善、がんも予防!」バックナンバー

後藤利夫(ごとう・としお)

新宿大腸クリニック院長。1988年、東京大学医学部卒業。92年、東京大学附属病院内科助手。「大腸がん撲滅」を目標に独自の無麻酔・無痛大腸内視鏡検査法を開発。大腸内視鏡40000件以上無事故の大腸内視鏡のマイスター医師。一般社団法人・食と健康協会顧問。著作に『あなたの知らない乳酸菌力』(小学館)、『その便秘こそ大腸ガンの黄信号』(祥伝社)、『腸イキイキ健康法』(主婦と生活社)、『腸をきれいにする特効法101』(主婦と生活社)、『腸いきいき健康ジュース』など多数。大腸がんのインターネット無料相談も実施中。
新宿大腸クリニック
公式HP http://www.daicho-clinic.com

後藤利夫の記事一覧

後藤利夫
胃の不快感の多くは実は「機能性ディスペプシア」という病気
日本初の『胃弱外来』開設」後編:巣鴨駅前胃腸内科クリニック・神谷雄介院長

前編『大病院を転々した末にたどり着く「胃弱外来」 初診から約1カ月で8割の患者の症状が改善』

胃痛やもたれ、むかつきなどの症状があっても、検査の結果異常がないと診断され悩みを抱える患者さんが少なくない。こうした胃の悩みを抱える人たちのために開設したのが胃弱外来。患者さんの多くは新しく認知された『機能性ディスペプシア』や『胃食道逆流炎症』などの疾患だ。その具体的な治療法について話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

くにたち駅前眼科クリニック院長。1986年、東京…

高橋現一郎

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

フィットネスアドバイザー。JT東京男子バレーボー…

村上勇