>  >  > 「ほくろが多いヒトは皮膚がんになりやすい」は大嘘!?

「ほくろが多いヒトは皮膚がんになりやすい」はウソ!? セルフチェックで早期発見が大事

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

皮膚がんを早期発見するためのセルフチェックの方法とは?

 メラノーマは皮膚がんのなかでも悪性度が高く、進行してリンパ節や臓器に転移すれば、致命的な状況を引き起こす。そういった事態を防ぐためには早期発見が重要になる。

 大分県では2006年から皮膚がん検診が行われており、この検診を支える別府医療センターでは、皮膚がんのセルフチェックを公表している。

□比較的最近(ここ数年以内に)きづいたできもの。
□だんだん大きくなっているできもの。
□やけどなどの傷のあとに新しい傷があるもの。
□なかなか治らない傷、潰瘍、しる(浸出液)が出るところ。
□かさぶたがついたりとれたりするところ。
□血がにじむできもの。血がにじんだことがあるできもの。
□黒いできもの。
□茶色のできもの。特に色の濃い部分と薄い部分があるところ。
□硬く触れるできもの。
□皮膚の表面は普通の色でもつまむとしこりのあるところ。
□外陰部、わきのただれ、色がついたり白く抜けたりしているところ。
□爪に茶色や黒色がついているもの
□顔にあるかさかさしたピンク色のできもの
□鼻周りのできもの
※国立病院機構別府医療センターHPより

 上記の項目に当てはまるものがないかチェックし、もしチェックのつくものがあれば、一度皮膚科医の診察を受けてみられることを勧めているので参考にしてほしい。
(文=編集部)

睡眠障害治療の新たな幕開け!個人に必要な睡眠の「量」と「質」を決める遺伝子を探せ
インタビュー「睡眠障害治療の最前線」後編:筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構・佐藤誠教授

前編『『人間の「脳」は7時間程度の睡眠が必要! 本当のショートスリーパーは100人に1人程度!?』』

ひとくちに睡眠障害といっても、さまざまな症状がある。1990年代後半から脳内に眠気を誘う「睡眠物質」を探す研究にスポットライトが当たり、2018年からは睡眠の質と量を決める遺伝子の解析も進められている。今回は睡眠障害について、筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構の佐藤誠教授に話しを聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆