連載「病理医があかす、知っておきたい“医療のウラ側”」第7回

「人工的な避妊は罪」のカトリック社会をオギノ式避妊法で動かした荻野久作

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ローマ法王庁が唯一認めた「オギノ式」

 一方、避妊の許されないカトリック社会では、自然に逆らわない「オギノ式避妊法」がもてはやされた。ローマ教皇ピオ11世は、1930年12月の回勅でこう述べた。

 「一時的な事情あるいはある種の肉体的危険による自然的な理由のために、新しい生命の出産ができない場合、夫婦が健全な自然的理性に従って、その権利を行使したとしても、それを自然に反する行為として非難してはならない」

 これは、教皇が荻野学説を容認したと解釈された。言い換えれば、「オギノ式」は堕胎や人工的な避妊を自然にそむくものとして厳しく禁じてきたローマ法王庁が認めた唯一の避妊法となった。『法王庁の避妊法』(篠田達明著、文藝春秋、1991年)を読んでみよう。

 以下は、法王庁が認める自然にかなった「家族計画」のヨーロッパ人体験者の言である。

自宅前の市道は「オギノ通り」、自宅跡地は「オギノ公園」に

 「人工避妊から定期的禁欲に切り替えたとき、私たちの結婚生活という暖炉の煙突に詰まっていたススが、いきなり取り除かれたような気がしました」

 「私はいろいろなピルを試しました。結果は、吐き気、偏頭痛、いらだち、不満でした。そして、自分が主人から利用されるだけのおもちゃ、彼の性欲を満たすための一つのものでしかなかった、という感じがしていました。でも、この自然な避妊法に切り替えたとき、私たちの結婚生活は突然よくなりました。以前のさまざまな問題はすべて私たちの産児制限に関係があったと感じました」

 荻野は、子宮頸がんの手術術式として「荻野変法」という根治率の高い方法を普及させた業績も残している。晩年に至るまで、新潟の地で診療・手術にたゆまず従事し、新潟市名誉市民に選ばれている。

 1975年3月、新潟大学キャンパスのすぐ下にある自宅前の市道が「オギノ通り」と命名された。自宅のあった場所は現在、「オギノ公園」になっている。

連載「病理医があかす、知っておきたい“医療のウラ側”」バックナンバー

HIVも予防できる 知っておくべき性感染症の検査と治療&予防法
世界的に増加する性感染症の実態 後編 あおぞらクリニック新橋院内田千秋院長

前編『コロナだけじゃない。世界中で毎年新たに3億7000万人超の性感染症』

毎年世界中で3億7000万人超の感染者があると言われる性感染症。しかも増加の傾向にある。性感染症専門のクリニックとしてその予防、検査、治療に取り組む内田千秋院長にお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

あおぞらクリニック新橋院院長。1967年、大阪市…

内田千秋

(医)スターセルアライアンス スタークリニック …

竹島昌栄

ジャーナリスト、一般社団法人日本サプリメント協会…

後藤典子