シリーズ「子どもには絶対に使ってはいけない生活用品」10回

まだまだ鍋の季節、市販の「鍋スープ」は危険な添加物がいっぱい!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

濃厚味を売りにしている加工食品には大量の添加物が

●ミツカン「〆まで美味しいとんこつしょうゆ鍋つゆストレート」

 ミツカンの「〆まで美味しい鍋つゆ」シリーズのひとつです。「じっくり煮込んだ豚骨、鶏ガラのスープに野菜スープと本醸造しょうゆを加えたコクがあって、濃厚な味わいのとんこつしょうゆ鍋つゆです」と、ホームページで紹介しています。

 濃厚味を売りにしている加工食品は、例外なく添加物が多くなっています。同商品も、調味料(アミノ酸等)、アルコール、レシチン、増粘剤(キサンタンガム)、香料が使われています。同じシリーズの「あっさりしていてコクがあるシリーズ」の寄せ鍋のつゆでは、添加物は調味料(アミノ酸等)とアルコールだけです。同シリーズの商品を使うのなら、「あっさり味」の方がいいでしょう。添加物も塩分も少ないからです。

 濃厚な味わいシリーズの同商品に使われているレシチンは乳化剤です。「とりすぎると下痢、腹部膨満感、胃部不快感、むかつきを起こすことがある」との指摘があります。

 増粘剤(キサンタンガム)は、粘り気を出す添加物です。キサンタン(キサンタンガム)には、「動物実験で軟便」との報告があります。

 香料の具体的物質は企業秘密で明らかにしませんが、食品に使われている香料は100%合成香料です。天然香料ではコストが高くなりすぎるからです。合成香料でアレルギーを起こす人が増えていますので要注意です。

●キッコーマン「チーズ豆乳鍋スープ」

 同商品のレトルトパウチ容器には「チーズと豆乳のクリーミーな味わい」と書かれています。原材料表示のトップに出てくるのが豆乳です。豆乳はグループ会社のキッコーマンソイフーズが製造している無調整豆乳を使用していますから、無添加です。

 主原料の豆乳は無添加ですが、「鍋スープ」としては多くの添加物が使われています。増粘剤(加工デンプン)、調味料(アミノ酸)、乳化剤、pH調整剤、酸味料が添加物です。

 調味料(アミノ酸)は、グルタミン酸ナトリウムかグリシンのどちらかが使用されています。グリシンは、コンビニ弁当などの炊飯改良剤にも使われているアミノ酸系化学調味料です。「食品添加物公定書解説書」には、「ラットに10%添加飼料を与えると発育が遅れ、クレアチニン尿症、白血球の減少が認められた」との指摘があります。

 乳化剤に関しては前述した通りです。

 pH調整剤には、複数の添加物が使用されています。リン酸が使用されていれば、体内カルシウムの減少につながる可能性があります。

 酸味料は、クエン酸かグルコノデルタラクトンの使用が圧倒的です。どちらの添加物も毒性の報告はありませんが、グルコノデルタラクトンは分解するとラクトンが生じます。ラクトン類には発がん物質が多いので注意が必要な添加物です。

 以上のように、市販の鍋スープには多くの問題があります。鍋料理は自前のスープで調理するのが一番です。


シリーズ「子どもには絶対に使ってはいけない生活用品」バックナンバー

HIVも予防できる 知っておくべき性感染症の検査と治療&予防法
世界的に増加する性感染症の実態 後編 あおぞらクリニック新橋院内田千秋院長

前編『コロナだけじゃない。世界中で毎年新たに3億7000万人超の性感染症』

毎年世界中で3億7000万人超の感染者があると言われる性感染症。しかも増加の傾向にある。性感染症専門のクリニックとしてその予防、検査、治療に取り組む内田千秋院長にお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

あおぞらクリニック新橋院院長。1967年、大阪市…

内田千秋

(医)スターセルアライアンス スタークリニック …

竹島昌栄

ジャーナリスト、一般社団法人日本サプリメント協会…

後藤典子