「テラスハウス」の今井洋介さんが心筋梗塞で急逝!リスク因子の多い若者への警告?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 動脈硬化が主因の心筋梗塞だが、その危険因子としては高血圧・糖尿病・高脂血症などの持病、あるいは肥満・運動不足・喫煙・ストレス…………これらが複数重なると、発症リスクは高くなる。決して高齢者だけのリスク因子ではない。

 実は「テラハ」の一部出演者の喫煙場面や多煙率については、ネット上でも「タバコと酒両方じゃ身体の内外が痛んでいくスピードも……」などと書き込まれて論議を呼んでいた。

 今井さん自身は昨年4月、ブログで禁煙1週間目の心情を報告。「お酒の席でタバコを吸わなかったことで自分の意思に自信を持ちました」「タバコを買っていたお金がほかのことに使えて調子いい!」と継続を誓っていたが……。

 では、前掲のネット投稿で「タバコと酒両方じゃ身体の内外が……」云々と書き込まれた一方の、“飲酒と急性心筋梗塞の因果関係”はどうなのだろうか?

 これに関しては、ノルウェーで約6万人を対象に行なわれた約12年間に及ぶ追跡調査の結果によると、軽めから人並み程度の飲酒量では急性心筋梗塞のリスクが「低い」と判明。

 しかも1日当たりの飲酒量が1ドリンク増えた場合、むしろ反比例して同リスクが「30%近く減少する」という。あくまでも程々の愛飲が条件だが、“酒は百薬の長”説はどうやら真理のようだ。

 また、身長185㎝の今井さんは、テラハ出演前の2010年当時、体重100㎏を半年で65㎏まで減量するという無茶な過酷ダイエットに挑んだという。関係者の証言では「太る体質だったようで……。それ以降も、急な減量を行っていたらしい」ので、不規則な食事制限の繰り返しなどが、急逝の引き金になった可能性も捨てられない。
(文=編集部)

スマホでオンラインゲーム依存〜1日で課金15万円! 依存者は国内で420万人!?
インタビュー「スマホゲーム依存の実態と治療法」第1回:久里浜医療センター・樋口進院長

日本の成人のうち、ネット依存の傾向のある者は男性は4.5%、女性は3.6%。その数は約421万人と推計されるという。全国にさきがけてスマホゲーム依存症の治療に取り組んでいる独立行政法人国立病院機構久里浜医療センターの樋口進院長に、スマホゲーム依存の実態と治療法について訊いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年…

里中高志

理学療法士。日本で数年勤務した後、豪・Curti…

三木貴弘

神戸市垂水区 名谷病院 内科勤務。1987年 産…

吉田尚弘