連載「乳酸菌で腸内環境を改善、がんも予防!」第2回

オナラや便がクサイときは腸内で悪玉菌が増えている! 体臭や口臭の原因になることも

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 自分の腸は善玉菌と悪玉菌とのバランスがはたしてとれているのだろうか。そんな疑問をとく一つのヒントがある。
善玉菌が増えて優勢であるなら、腸内では「発酵」が起こる。一方、悪玉菌が優勢だと腸内では「腐敗」が進む。たとえば、みそやチーズなどは「発酵」した食品で、人間の体には有益だが、「腐敗」した食品は人間の体に有害な影響を及ぼす。

 悪玉菌が蔓延した腸も同じことがいえる。腐敗が進んで、臭い有毒ガスがたまり、放置すると病気の原因となる。そのため、おならや便が臭いときは、悪玉菌が増加しているという一つのシグナルなのだ。最近、自分のおならや便がやけに臭いな、などと感じることはないだろうか。そんなときには、腸内の悪玉菌が優勢になっている可能性がある。さらにこれが高じてくると、体臭や口臭の原因になることもあるのだ。

 腸内の環境を左右する腸内細菌。健康にとって大切なのは、いかに善玉菌を増やして腸内細菌をコントロールするかにかかっている。


連載「乳酸菌で腸内環境を改善、がんも予防!」バックナンバー

HIVも予防できる 知っておくべき性感染症の検査と治療&予防法
世界的に増加する性感染症の実態 後編 あおぞらクリニック新橋院内田千秋院長

前編『コロナだけじゃない。世界中で毎年新たに3億7000万人超の性感染症』

毎年世界中で3億7000万人超の感染者があると言われる性感染症。しかも増加の傾向にある。性感染症専門のクリニックとしてその予防、検査、治療に取り組む内田千秋院長にお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

あおぞらクリニック新橋院院長。1967年、大阪市…

内田千秋

(医)スターセルアライアンス スタークリニック …

竹島昌栄

ジャーナリスト、一般社団法人日本サプリメント協会…

後藤典子