歌手・AIさんが選んだ「水中出産」、そのリスクとベネフィットとは?

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 水中出産のトラブルは、分娩の第2期に集中して起きているという。子宮口が開き、赤ん坊が産まれてくるときだ。たとえば、お産のときに産婦の大腸菌などが自身の産道に入ったり、新生児が感染したりというリスクである。また、臍帯の断裂、新生児の水中での呼吸障害なども問題視されている。

 実際に起きた事件として、出生後、長時間水中に留められて新生児が死亡したケース、新生児敗血症(感染症)、新生児の肺出血の例があるという。

 このようなリスクのある水中出産に対して、性と健康を考える女性専門家の会は、次のような対策を挙げている。ローリスクの産婦であることの確認や、浴槽と浴槽周辺の洗浄・消毒、分娩中・後の母子の注意深い観察、症例の研究や個別のケースレポートを積み重ねて、安全性の検証を行うことなどだ。

 妊婦が出産方法を選択するのは自由意思であり、尊重されるべきだ。しかし、リスクとベネフィットの双方についての情報を得ることは、大切な判断材料となる。
(文=編集部)

胃の不快感の多くは実は「機能性ディスペプシア」という病気
日本初の『胃弱外来』開設」後編:巣鴨駅前胃腸内科クリニック・神谷雄介院長

前編『大病院を転々した末にたどり着く「胃弱外来」 初診から約1カ月で8割の患者の症状が改善』

胃痛やもたれ、むかつきなどの症状があっても、検査の結果異常がないと診断され悩みを抱える患者さんが少なくない。こうした胃の悩みを抱える人たちのために開設したのが胃弱外来。患者さんの多くは新しく認知された『機能性ディスペプシア』や『胃食道逆流炎症』などの疾患だ。その具体的な治療法について話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年…

里中高志

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫