歌手・AIさんが選んだ「水中出産」、そのリスクとベネフィットとは?

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本で水中出産が広まったのは、1980年代初頭といわれている。性と健康を考える女性専門家の会が2000年に行った調査によれば、当時の日本ではすでに1900件を超える水中出産が報告されていたという。

 母親たちがこぞって水中出産を選んだ理由には、水の浮力でお産の痛みが緩和されることや、体位が自由に取りやすいこと、お風呂に浸かっているようなリラクゼーション効果が得られることなどが挙げられる。

 出産といえば、自然分娩。分娩台で妊婦がいきみ、激しい痛みとともに出産するというのが一般的である。女性たちのなかに、できるだけそれを和らげたいと思う人が現われるのは自然なことだ。

 また、アメリカの産婦人科学会と小児科学会の報告によれば、産痛の緩和のほか、分娩の初期である第1期の時間が約30分短縮されることや、麻酔の使用が90%に減るなどのメリットもあるという。

 だが一方で、水中出産で母体や新生児にトラブルが起きていることにも注目したい。

水中出産で死亡や感染も! 知っておきたいリスク

胃の不快感の多くは実は「機能性ディスペプシア」という病気
日本初の『胃弱外来』開設」後編:巣鴨駅前胃腸内科クリニック・神谷雄介院長

前編『大病院を転々した末にたどり着く「胃弱外来」 初診から約1カ月で8割の患者の症状が改善』

胃痛やもたれ、むかつきなどの症状があっても、検査の結果異常がないと診断され悩みを抱える患者さんが少なくない。こうした胃の悩みを抱える人たちのために開設したのが胃弱外来。患者さんの多くは新しく認知された『機能性ディスペプシア』や『胃食道逆流炎症』などの疾患だ。その具体的な治療法について話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年…

里中高志

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫