連載第11回 慢性腰痛を深く知る

腰痛予防に「硬いベッド」は逆効果! 正しい姿勢で寝て腰への負担を減らそう

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
腰痛予防に「硬いベッド」は逆効果! 正しい姿勢で寝て腰への負担を減らそうの画像1

ぎっくり腰の原因を防ぐポイントは腰の骨を丸めないことshutterstock.com

 人生の3分の1とも言われる睡眠時間。身体を休めているようでも、腰には大きな負担がかかり、それが腰痛の原因になることがある。

 よく「腰痛予防のためには硬めのマットレスがいい」などと聞く。医師の中にもそれを信じている者が多く、腰痛患者に硬めのマットレスを使うことを勧めることがある。しかし、10年以上も前に行われた医学実験で、硬いマットレスが腰痛予防にいいというのは都市伝説だということが判明している。

 この実験はスペインで慢性腰痛がある300人を対象に行われ、被験者に自宅で使っているマットレスを申請してもらい、医師にも被験者にもわからないようにして、硬さの異なるマットレスに交換し、一定期間、寝てもらった。

 被験者の多くは「硬いマットレスのほうが腰痛予防にはいい」と信じており、しかも、普段、使っているものよりも硬いマットレスを提供された被験者は、その約8割が「自分に支給されたのは硬いマットレスだ」とわかったという。

 ところが、3カ月後に、睡眠中、起床時、さらには日中における腰痛の症状を報告してもらったところ、硬いマットレスに取り替えた群より、中くらいの柔らかさのマットレスに取り替えた群のほうが、腰痛が楽になったという。その割合は、なんと2倍以上の差だった。

 この実験は医学誌「Lancet」に、いまから10年以上前の2003年に発表されたものだ。このような医学的なデータが判明しているのに、いまだ「マットレスは硬いほうがいい」と信じている人は少なくない。

腰痛を悪化させない&予防する寝方

がんになってもあきらめない妊活・卵巣凍結 費用は卵巣摘出に約60万円、保管は年間10万円
インタビュー「がんでも妊娠をあきらめない・卵巣凍結」後編・京野廣一医師

がん患者への抗がん剤による化学療法は妊孕性(妊娠のしやすさ)を低下させる。がんにより妊娠が難しくなる患者を支援するため、2016年4月に「医療法人社団レディースクリニック京野」が、治療前に卵巣を凍結して保存しておく「HOPE(日本卵巣組織凍結保存センター)」を設立すると発表した――。医療法人社団レディースクリニック京野理事長の京野廣一医師に卵巣凍結の仕組みについて訊いた。
前編『「がん」になっても妊娠・出産をあきらめたくない女性のための「卵巣凍結」とは?』

大阪市内のクリニック勤務。1987年 産業医科大…

吉田尚弘

小笠原クリニック札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認…

横山隆

シカゴ大学医学部内科・外科教授兼個別化医療センタ…

中村祐輔