世界の長寿者も実践! "コスパ最強"の栄養食「卵」 1日3個で健康長寿を実現

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 実は今、日本では熱量が足りているのに栄養が足りない「新型栄養失調」が問題になっており、特にタンパク質が不足気味といわれる。筋肉や血液、臓器など、カラダの材料となるタンパク質が足りないと、免疫力の低下、疲れやすい、肌が荒れる、髪が抜ける、うつになるなど、さまざまな不調をきたす。

 一説によると、日本人は1日平均20gほどのタンパク質が足りていないという。一方、卵1個から摂れるタンパク質は約7g。1日3個食べれば、その不足分を無理なく補うことができる。

卵は調理が簡単で手軽に食べられるうえ、肉よりも消化吸収が良く、身体に負担をかけずにタンパク質を摂取できるのが利点だ。
 
 これまで3000人を超える肥満や生活習慣病の患者を治療してきた、こくらクリニック(沖縄県)の渡辺信幸院長も「1日3個の卵」を推奨する医師のひとり。勧めるのは、肉(Meat)・卵(Egg)・チーズ(Cheese)を積極的に食べる「MEC食」。基本は1日に肉200g、卵3個、チーズ120gを食べることだ。

「穀物・野菜中心の食事では必須栄養素が足りず、人体はガス欠状態になって傷みます。しかし、高タンパク質・高脂質のMEC食は、血液や筋肉、骨の材料として十分。その働きを助けるビタミンやミネラルも豊富です」(渡辺医師)。

1日3個でコレステロール、インスリン値が改善

 

 「1日3個の卵」は、メタボリックシンドロームの人にも良い影響を与えるという研究もある。米・コネティカット大学の研究グループが、2013年にアメリカの医学誌に発表したものだ。

 実験ではメタボの中高年男女を2グループに分け、12週間にわたって糖質制限食を続けながら、①毎日3個の全卵、②全卵3個に相当する卵の代替品のいずれかを食べてもらった。その結果、全卵を食べていたグループは代用品のグループより、「コレステロール(HDL)」と「コレステロール(LDL)」値のバランスが改善した。さらに、糖尿病の原因となるインスリン抵抗性も改善されたという。

 これまで"健康のため"に卵を控えてきた人は、大手を振って積極的に食べられる。特に鶏卵は、物価が上がっても値段の横ばいを維持している「物価の優等生」。"コストパフォーマンス"に優れた栄養食であることは違いない。
(文=編集部)

渡辺信幸(わたなべ・のぶゆき)

こくらクリニック院長。1963年生まれ。1991年、名古屋大医学部卒業後、医療法人沖縄徳州会中部徳洲会病院に入職。伊良部島診療所院長、宮古島、石垣島徳洲会病院、徳州会新都心クリニック院長を経て、2010年6月、徳州会こくらクリニック(那覇市)院長に(現職)。離島、救急医療の経験から、予防医療の重要性を説き、MEC食の啓発活動に至る。著書に『一生太らない体をつくる「噛むだけ」ダイエット』『日本人だからこそ「ご飯」を食べるな~肉・卵・チーズが健康長寿をつくる』『「野菜中心」をやめなさい~肉・卵・チーズのMEC食が健康をつくる』『肉食やせ! 肉、卵、チーズをたっぷり食べるMEC食レシピ111!』。テレビ出演『主治医が見つかる診療所』(テレビ東京)、『林修の今でしょ! 講座』(テレビ朝日)。全国で講演活動。自らがラジオ番組のパーソナリティーを務めるFMレキオ80.6MHz「なべちゃんのレキオでダイエット」も好評。

渡辺信幸の記事一覧

渡辺信幸
難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆