生活習慣とアレルギーの病気

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

●糖尿病

日本をはじめ、世界中で糖尿病になる人が激増している。糖尿病になると、いろいろな合併症が引き起こされ、それによって健康な生活が送れなくなる可能性がある。糖尿病の3大合併症とは糖尿病性網膜症、糖尿病性腎症、糖尿病性神経障害をいう。

●生活習慣病

生活習慣病とは、食事、運動、喫煙など生活習慣の悪化が、発病に強い影響を与える病気で、以前は成人病といわれていた。生活習慣を改善すれば発病を食い止め、悪化を防ぐことができる。

●高血圧症

血液を全身に行きわたらせるために血管(動脈)には常に圧力(血圧)がかかっている。高血圧の人では、血圧が正常な人に比べて動脈にかかる負担が大きく、心肥大や心不全、脳出血、脳梗塞などを引き起こす危険性がある。

●肥満症

米国女性ではBMI(体格指数)が27以上になると全死亡率が1.2~1.5倍、心臓病や血管の病気が 2~4倍に増えると言われている。肥満には、過食と運動不足が主な原因の「単純性肥満」とホルモンの異常や薬物などが原因の「二次性肥満」があり、日本人の肥満の 95%以上が単純性肥満だ。

●高脂血症(脂質異常症)

高脂血症とは、血液中の脂肪分が多い状態をいう。 高脂血症を長年そのままにしておくと、狭心症、心筋梗塞、脳梗塞などの、重篤な病気が引き起こされる。

●腱黄色腫症

肘や膝の皮下や膝蓋腱・アキレス腱・指伸筋腱(手の甲の腱)の周囲に脂肪の黄色をした塊ができて成長していく状態を黄色腫と呼ぶ。高脂血症では、四肢だけではなく全身のいろいろな臓器に黄色腫がみられる。

●動脈硬化症

動脈硬化は、年齢に伴って進行するが、特に高脂血症、高血圧症、糖尿病などの病気を持っている人 やタバコを吸う人では、動脈硬化の進行が速くなり、若年で心臓病や脳血管の病気を発症し、寿命も短くなる。

●痛風

痛風とは、「風があたっても痛い」という意味で、足の指や足首などの関節に炎症を起こし、強い痛みを伴う病気だ。血液中の尿酸値が高いと、気づかない間に、関節に尿酸の結晶がたまり、それが原因となって、ある時突然強い炎症を起こす。

●メタボリックシンドローム

最近、新聞やTVでメタボリックシンドロームという言葉を聞くことはないだろうか?心筋梗塞や脳血管障害の危険因子はそれぞれが重症でなくても幾つかの危険因子が重なることで発症の確率が高くなることが分かってきた。 その基準を8つの学会が合同して日本人に合わせたものを提唱したものがメタボリックシンドロームだ。 この基準を把握し、生活習慣病の予防・改善を計ろう。

●アトピー性皮膚炎

近年、ダニ、ハウスダスト、スギ花粉などのアレルギーを引き起こす物質(アレルゲン)の増加、生活様式の変化、ストレス社会など環境の変化に応じてアレルギーを持つ人の数が急激に増えている。アトピー性皮膚炎はアレルギーが関係する皮膚の病気の一つだ。

●気管支喘息

気管支喘息とは、ある状態に気管支が過敏に反応し、その結果気管支が収縮(細くなる)して息を吐くことができにくくなってしまう病気である。

●花粉症

花粉症は、アレルギー性鼻炎のなかでも季節性アレルギー性鼻炎として分類されおり、くしゃみ、鼻汁、鼻づまりが3大症状です。くしゃみ、鼻汁、鼻づまりに対しては、抗アレルギー薬の内服を、内服薬だけでは症状が治まらない場合には、点鼻薬を症状の程度に合わせて使い分ける。

●アレルギー性鼻炎

アレルギー性鼻炎は、ある物質に対して鼻粘膜がアレルギー反応を示すもので、くしゃみ、鼻水、鼻づまり、といった3つの症状が挙げられる。治療法には、予防的治療、薬物治療、減感作療法、手術療法がある。

フィットネスアドバイザー。JT東京男子バレーボー…

村上勇

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫
女性の「薄毛」は20〜30代から進行! 頭部全体の毛髪が薄くなる「びまん性薄毛」の原因は?
インタビュー「女性の薄毛トラブル対策」第1回:北嶋渉医師(銀座HSクリニック院長)

薄毛で悩む女性といえば、つい最近まで中高年だった。ところがここ10年ぐらいの間に20~30代女性も増えているという。原因はストレスや過度のダイエットによるバランスの崩れなど。そのため生活全般の見直しも必要になっている。女性の薄毛の原因となりやすい人の傾向、病状による治療や最新治療を、銀座HSクリニックの北島渉先生に訊いた。