神経の病気

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

●パーキンソン病

パーキンソン病とは脳の真中にある中脳の黒質という部分の神経細胞が変性することで起きる病気。自覚的には手に起こる安静時の震え、動作がのろくなり、歩行がスムーズにできなくなる。我が国では10万人に100人程度の発症率で、比較的頻度の高い慢性進行性の神経変性疾患。パーキンソン病の詳細を読む


●めまい

外来にめまいで来られる方は大勢いる。特に高齢者では多くなる。しかしよく話しを聞いてみると皆さんの言う「めまい」にいくつかの種類がある事が分かる。めまいの詳細を読む

●頭痛

自分が頭痛もちだと思っている人は全国で3千万人もいるという統計がある。別の研究では、成人の8.4%の人が片頭痛であるとされている。頭痛は1次性頭痛と2次性頭痛に分けられ、多くの場合は比較的軽い1次性頭痛。頭痛の詳細を読む

●てんかん

世界保健機構(WHO)ではてんかんを次のように定義している。「てんかんとは様々な原因で起きる慢性の脳疾患で、その特徴は脳ニューロン(神経細胞)の過度の放電に由来する反復性発作であり、多種多様な臨床症状と検査所見を伴う」。つまりてんかんとは脳の神経細胞が病的・過剰に興奮し、いわゆるけいれん発作といわれる、普通とは異なる身体症状、異常な筋肉の動きや、意識状態の変化を起こすものだ。しかもそれは繰り返し起こる状態である。てんかんの詳細を読む

●顔面神経麻痺

顔の筋肉をつかさどる神経に障害が起こり、顔面が麻痺してしまう病気だ。麻痺は、おもに顔の片側に現れる。突然発症し、原因不明と考えられているが、ストレスや冷たい風に当たったあとに発病することが多いようだ。顔面神経麻痺の詳細を読む

精神鑑定「責任能力なし」~重大な他害行為を行った精神障害者の治療病棟では……
インタビュー「重大な他害行為を行った精神障害者の治療」第1回 国立精神・神経医療研究センター病院・第2精神診療部長:平林直次医師

重大な事件を犯しても「責任能力を問えない」と判断された精神障害者は、その後どのような処遇を受けているのだろうか? 他害行為を行なった精神障害者の治療を行う「医療観察法病棟」を担当する国立精神・神経医療研究センター第2精神診療部長の平林直次医師に知られざる治療の実情について訊いた。

シカゴ大学医学部内科・外科教授兼個別化医療センタ…

中村祐輔

日本中毒学会評議員(同学会クリニカルトキシコロジ…

横山隆

藤田保健衛生大学医学部第一病理学教授。慶應義塾大…

堤寛