神経の病気

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

●パーキンソン病

パーキンソン病とは脳の真中にある中脳の黒質という部分の神経細胞が変性することで起きる病気。自覚的には手に起こる安静時の震え、動作がのろくなり、歩行がスムーズにできなくなる。我が国では10万人に100人程度の発症率で、比較的頻度の高い慢性進行性の神経変性疾患。パーキンソン病の詳細を読む


●めまい

外来にめまいで来られる方は大勢いる。特に高齢者では多くなる。しかしよく話しを聞いてみると皆さんの言う「めまい」にいくつかの種類がある事が分かる。めまいの詳細を読む

●頭痛

自分が頭痛もちだと思っている人は全国で3千万人もいるという統計がある。別の研究では、成人の8.4%の人が片頭痛であるとされている。頭痛は1次性頭痛と2次性頭痛に分けられ、多くの場合は比較的軽い1次性頭痛。頭痛の詳細を読む

●てんかん

世界保健機構(WHO)ではてんかんを次のように定義している。「てんかんとは様々な原因で起きる慢性の脳疾患で、その特徴は脳ニューロン(神経細胞)の過度の放電に由来する反復性発作であり、多種多様な臨床症状と検査所見を伴う」。つまりてんかんとは脳の神経細胞が病的・過剰に興奮し、いわゆるけいれん発作といわれる、普通とは異なる身体症状、異常な筋肉の動きや、意識状態の変化を起こすものだ。しかもそれは繰り返し起こる状態である。てんかんの詳細を読む

●顔面神経麻痺

顔の筋肉をつかさどる神経に障害が起こり、顔面が麻痺してしまう病気だ。麻痺は、おもに顔の片側に現れる。突然発症し、原因不明と考えられているが、ストレスや冷たい風に当たったあとに発病することが多いようだ。顔面神経麻痺の詳細を読む

<和温療法>は医療の基本 女性の更年期障害・不定愁訴を大幅に改善
インタビュー「性差医療をめぐって」第3回 静風荘病院・天野恵子医師

「性差医療」のパイオニアである天野恵子医師(静風荘病院・埼玉県新座市)へのインタビュー第3回は、現在、天野医師が最も注目している療法のひとつである「和温療法」について伺う。
第1回<性差医療>っていったい何? 心筋梗塞や動脈硬化でも男女で症状に違いがある!
第2回 全国の「女性外来」の共通のモットーは「紹介状は不要」「症状は問わない」「初診に30分かける」」

2017年4月より、はるひ呼吸器病院(愛知県)病…

堤寛

大阪大学大学院言語文化研究科教授。米国ウィスコン…

杉田米行

大阪市内のクリニック勤務。1987年 産業医科大…

吉田尚弘