「吉田尚弘」の記事一覧

吉田尚弘(よしだ・ひさひろ)

大阪市内のクリニック勤務。1987年 産業医科大学卒業、熊本大学産婦人科に入局、産婦人科専門医取得後、基礎医学研究に転身。京都大学医学研究科助手、岐阜大学医学研究科助教授後、2004年より理化学研究所RCAIチームリーダーとして疾患モデルマウスの開発と解析に取り組む。その成果としての<アトピー性皮膚炎モデルの原因遺伝子の解明>は有名。
その傍らで2012年より生活習慣病と糖質制限について興味を持ち、実践記をブログ「低糖質ダイエットは危険なのか?中年おやじドクターの実践検証結果報告」を公開、ドクターカルピンチョの名前で知られる。2016年4月より内科臨床医。

吉田尚弘

2型糖尿病でも糖質をどうしても食べたい人は「食べ順」食事療法でダイエットを

2型糖尿病の人のほとんどは、食生活の習慣が、その原因だと考えられます。三度三度の食事で総カロリーの60%かそれ以上の糖質を食べて、そのたびに「食後高血糖」になってインスリンが追加分泌される。それが繰り返されて――①膵臓が疲弊してインスリン分泌がうまくいかなくなる②イン…続きを読む

2型糖尿病でも糖質をどうしても食べたい人は「食べ順」食事療法でダイエットを

戦後日本で「糖尿病」や「生活習慣病」が増えたのは本当に「食の欧米化」が原因か?

「2型糖尿病や肥満を改善するのには糖質制限すべきだ」と言うと、次のような反論があります。 「日本人は神代の時代から白米を食べて来たのだから、必ずご飯を食べるべきである。日本で糖尿病が増えたのは、第二次大戦後であり、食の欧米化が原因だから、和食に戻すべきである」 さて…続きを読む

戦後日本で「糖尿病」や「生活習慣病」が増えたのは本当に「食の欧米化」が原因か?

寿司に魅せられる日本人の「米食」嗜好のルーツは江戸時代のコメ余りが原因?

糖質制限が普及してきて外食産業もその動きにしっかり乗ってき始めました。 2017年の夏の驚きは、回転ずしチェーンの「くら寿司」が「低糖質にぎり」を販売し始めたことですね。酢飯の代わりに酢大根を使った握り寿司(?)です。「そこまでして寿司が食べたいの?」って思ったのですが…続きを読む

寿司に魅せられる日本人の「米食」嗜好のルーツは江戸時代のコメ余りが原因?

「炭水化物の摂取量の増加が全死亡率を上げる」という臨床研究が「ランセット」誌に掲載

炭水化物(糖質)の摂取過多が、2型糖尿病をはじめとするさまざまな病気の原因であり、糖質摂取を控えるべきということをここでは書いてきました。特に日本糖尿病学会が推奨する60%の糖質摂取+カロリー制限は、食事療法としてはおかしいと私は考えています。 しかし「エビデンスがな」…続きを読む

「炭水化物の摂取量の増加が全死亡率を上げる」という臨床研究が「ランセット」誌に掲載

人間とパンダの食の進化は真逆? 本来は「食べていなかった」ものが主食になった

しばしば耳にする話で、「日本人はずっとおコメを食べて来た農耕民族なんだから、毎日三回ちゃんとご飯を食べないと体を壊します」というのがありますよね。ずっと以前から、そのような主張をする方々が繰り返し現れますが、彼らがその主張の科学的な根拠を示すことはありません。 日本人は…続きを読む

人間とパンダの食の進化は真逆? 本来は「食べていなかった」ものが主食になった

糖質制限に失敗する女性は「隠れ栄養失調」? 鉄分不足でエネルギーが消滅!

糖質制限では、ご飯、パン、麺、芋、スイーツ、清涼飲料水を基本的に食べません。ですが、それらで減った分のカロリーをたんぱく質と脂質で補います、つまり肉、魚、豆腐や乳製品、卵などの摂取量が増えます(もちろん、葉っぱ野菜はしっかり食べてくださいね)。 また、アルコールも糖質を…続きを読む

糖質制限に失敗する女性は「隠れ栄養失調」? 鉄分不足でエネルギーが消滅!

「糖質制限+ビタミンC」は「がん」の新たな治療法となり得るか?

糖質制限をすると血糖値は常に「空腹時血糖」に近いところで安定します。その結果、細胞は「糖質」ではなくて「脂肪酸(ケトン体)」をエネルギーとして効率よく使うようになります。 「ブドウ糖ではなくてケトン体こそが、我々の体の中の細胞がメインエネルギーとして利用していた物質であ…続きを読む

「糖質制限+ビタミンC」は「がん」の新たな治療法となり得るか?

糖質制限で血中のケトン体値アップで生命の危機!? 危険なケトン体値とは?

糖質制限をすると次の2つのことが起こります。①脂肪を燃やして肝臓でアミノ酸からブドウ糖を作るようになる(糖新生)②ブドウ糖ではなくて脂肪酸をエネルギーとして使うようになる だから、体脂肪がどんどん減り、痩せるのでしたね(参考:糖質制限でどんどん「痩せる」のはなぜか…続きを読む

糖質制限で血中のケトン体値アップで生命の危機!? 危険なケトン体値とは?

「糖質制限」では「どのぐらい食べて」いいのか?釜池式・江部式・山田式の違いを徹底解説

「糖質制限」は何人もの医師が紹介し、国内で広めていますが、それぞれに糖質制限のやり方(どのぐらい糖質摂取を抑制すればいいか)が異なります。このため、複数の意見を読んで混乱される人たちもいます。 今回は代表的な3つの糖質制限を比較してみたいと思います。釜池式断糖食、江…続きを読む

「糖質制限」では「どのぐらい食べて」いいのか?釜池式・江部式・山田式の違いを徹底解説

糖質制限でどんどん「痩せる」のはなぜか? 秘密は体のハイブリッドエンジンにある!

糖質を過剰に摂取すると、インスリンが追加分泌され、過剰な糖質を体脂肪に変えて蓄える――。この仕組みについては前回の記事で説明しました(「なぜ糖質制限で太らなくなるのか? 太るのは「インスリンの追加分泌」が原因」)。だから砂糖や小麦粉、お米や芋などの糖質を摂取すると太るのであ…続きを読む

糖質制限でどんどん「痩せる」のはなぜか? 秘密は体のハイブリッドエンジンにある!

なぜ糖質制限で太らなくなるのか? 太るのは「インスリンの追加分泌」が原因

糖質制限が「2型糖尿病」の治療において効果を発揮することはもはや明解で、その有効性は多くの人が知るところとなりました。 しかし、糖質制限が多くの人に注目されているのは、簡単に「肥満が解消できる」、つまり「痩せる」「太らない」からです。食事指導に取り入れたエステやダイエッ…続きを読む

なぜ糖質制限で太らなくなるのか? 太るのは「インスリンの追加分泌」が原因

正しい栄養摂取バランスなんか存在しない!? アメリカ糖尿病学会による見解の変遷

糖尿病の中でも2型糖尿病は、インスリンがうまく効かなくなったために血液中のブドウ糖の値を適切に保てなくなり、高血糖により血管が傷んでしまう病気です。 進行すると、手足の先端などの毛細血管、目の網膜、腎臓の糸球体などがやられはじめます。壊疽で手足の切断、網膜出血で失明、そ…続きを読む

正しい栄養摂取バランスなんか存在しない!? アメリカ糖尿病学会による見解の変遷

「炭水化物の摂取量を減らすのは命の危険」という日本糖尿病学会の食事指導は本当に正しいのか?

健康診断で「血糖(ブドウ糖)が基準値からはずれているよ、病院に行きなさい」と言われたことがある人は少なくないと思います。 血糖値が基準から外れてしまう病気の代表的なものに「糖尿病」があります。糖尿病とは、血糖値が高くなることで血管が傷んでしまい、さまざまな症状が出る病気…続きを読む

「炭水化物の摂取量を減らすのは命の危険」という日本糖尿病学会の食事指導は本当に正しいのか?
アトピーの元凶は「スキンケアの常識」!「肌に優しい洗顔料」など存在しない
インタビュー「カウンセリングでアトピーを治す!」第2回:須階富士雄医師(芝皮フ科クリニック院長)

アトピー性皮膚炎は非常に厄介な病気である――。この不可解なアトピー性皮膚炎の原因として、患者やその家族の心の問題にいち早く着目し、治療に取り入れているのが須階富士雄医師(芝皮フ科クリニック院長)だ。第1回「アトピー性皮膚炎に心理療法を! 患者の話を聞くだけで完治したケースも」

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

2017年4月より、はるひ呼吸器病院(愛知県)病…

堤寛

小笠原クリニック札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認…

横山隆