「おなかが痛い」について

腹痛は主に、内臓性腹痛、体性痛、関連痛、心因性腹痛などに分けられる。消化器、泌尿器、婦人科領域、血管、筋肉、腹膜などあらゆる器官で起こる。それだけでなく心臓などの病気でも起こり、病気のなかで腹痛を主症状とするものが最も多いと思われる。

「おなかが痛い」から考えられる病気

心窩部(みぞおちあたり)
マロリー・ワイス症候群
特発性食道破裂
急性胃炎
慢性胃炎
胃アニサキス症
急性胃粘膜病変
胃潰瘍
胃軸捻転症
早期胃がん
胃肉腫
十二指腸潰瘍
心筋梗塞
右上腹部
A型急性肝炎
肝硬変
肝臓がん
アルコール性肝障害
うっ血肝
肝膿瘍
肝囊胞
胆石症
胆道感染症
胆囊がん
胆管がん
左上腹部
急性膵炎
慢性膵炎
膵石症
膵臓がん
へそ部
感染性腸炎
虫垂炎の初期
腸閉塞
腹部大動脈瘤
右・左側腹部
腎梗塞
腎膿瘍
遊走腎
水腎症
腎がん
腎臓結石
右・左下腹部
虫垂炎〈右下腹部〉
潰瘍性大腸炎
虚血性大腸炎
クローン病
大腸憩室症
大腸がん
過敏性腸症候群
尿管結石
卵巣腫瘍その他の女性性器の病気など
下腹部
急性膀胱炎
慢性膀胱炎
子宮付属器炎
子宮筋腫
子宮頸がん
子宮体がん
月経困難症
切迫流産
子宮外妊娠
慢性前立腺炎
腹部全体
過敏性腸症候群
感染性腸炎
腸閉塞
急性腹膜炎
腹部大動脈瘤
美容界で異彩を放つ「炭酸ジェルパック」とは?細胞からのアンチエイジングとケアが大切
インタビュー「炭酸美容とはなにか?」後編:メディオン美容皮膚クリニック院長・日置正人氏

前編『炭酸ケアの第一人者、褥創の治療経験から生まれた「炭酸ジェルパック」』

美容の世界でも異彩を放つっている「炭酸ジェルパック」。 皮膚科・内科の医師として長年、炭酸の医療的な研究に携わり、その研究の成果として画期的な美容素材「炭酸ジェル」を開発した日置正人医師に、その開発の過程や効果について聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆