脳/神経

くも膜下出血

監修:高橋伸明・福岡記念クリニック 院長/脳神経外科医  :鈴木龍太・鶴巻温泉病院 院長/脳神経外科医どんな病気 皆さんはくも膜下出血という病気を聞いたことがあると思います。新聞の死亡欄でもよく見かけますし、ご家族や友人や芸能人でくも膜下出血になって、亡くなったり寝たき…続きを読む

くも膜下出血

脳出血

脳出血

脳動静脈奇形

脳動静脈奇形

認知症

認知症

脳腫瘍2(実質脳内腫瘍)

監修:高橋伸明/福岡記念クリニック院長・脳神経外科医  :鈴木龍太・鶴巻温泉病院 院長/脳神経外科医どんな病気 神経膠腫(グリオーマ)は脳の実質内にできる腫瘍の代表的なもので、脳腫瘍全体の20%を占め、2番目に多い脳腫瘍です。脳神経細胞(ニューロン)は神経膠細胞(グリ…続きを読む

脳腫瘍2(実質脳内腫瘍)

脳腫瘍1(総論)

脳腫瘍1(総論)

失神

失神

先天性水頭症

先天性水頭症

顔面神経麻痺

監修:西郷和真/近畿大学医学部附属病院講師・神経内科どんな病気 何らかの原因によって、顔の筋肉をつかさどる神経に障害が起こり、顔面が麻痺してしまう病気です。麻痺は、おもに顔の片側に現れます。顔面神経麻痺のなかでも、いちばん多くみられるのは、ベル麻痺とよばれる末梢性顔面神経…続きを読む

顔面神経麻痺

脳梗塞

脳梗塞

てんかん

てんかん
難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆