生活習慣/アレルギー

生活習慣病

どんな病気 生活習慣病とは一般的に、食事、運動、アルコール、喫煙、休養・睡眠などにの生活習慣の悪化が発病に強い影響を与える病気で、遺伝的な素質、環境因子も発病に大きく関わってきます。以前は三大成人病(癌、心臓病、脳卒中)などといわれていましたが、成人の定義がはっきりしないこと…続きを読む

生活習慣病

糖尿病

糖尿病

花粉症

花粉症

肥満症

肥満症

高血圧症

どんな病気 私たちのからだのあらゆる部分に、酸素や栄養分を運んでいるのは血液です。血液を全身に行きわたらせるために、心臓はとても強い圧力で血液を送り出しています。このため、血液の通り道である血管(動脈)にも常に高い圧力がかかっています。この動脈にかかる圧力のことを「血圧」とい…続きを読む

高血圧症

腱黄色腫症

腱黄色腫症

動脈硬化症

動脈硬化症

痛風

痛風

気管支喘息

どんな病気 気管支喘息とは、ある状態に気管支が過敏に反応し、その結果気管支が収縮(細くなる)して息を吐くことができにくくなってしまう病気です。この状態が喘息発作で、患者さんは強い呼吸困難を訴え、この病気に独特なゼーゼー、ヒューヒューという音(喘鳴)が聞かれます。 しかし、…続きを読む

気管支喘息
がんになってもあきらめない妊活・卵巣凍結 費用は卵巣摘出に約60万円、保管は年間10万円
インタビュー「がんでも妊娠をあきらめない・卵巣凍結」後編・京野廣一医師

がん患者への抗がん剤による化学療法は妊孕性(妊娠のしやすさ)を低下させる。がんにより妊娠が難しくなる患者を支援するため、2016年4月に「医療法人社団レディースクリニック京野」が、治療前に卵巣を凍結して保存しておく「HOPE(日本卵巣組織凍結保存センター)」を設立すると発表した――。医療法人社団レディースクリニック京野理事長の京野廣一医師に卵巣凍結の仕組みについて訊いた。
前編『「がん」になっても妊娠・出産をあきらめたくない女性のための「卵巣凍結」とは?』

小笠原クリニック札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認…

横山隆

大阪市内のクリニック勤務。1987年 産業医科大…

吉田尚弘

シカゴ大学医学部内科・外科教授兼個別化医療センタ…

中村祐輔