生活習慣/アレルギー

生活習慣病

どんな病気 生活習慣病とは一般的に、食事、運動、アルコール、喫煙、休養・睡眠などにの生活習慣の悪化が発病に強い影響を与える病気で、遺伝的な素質、環境因子も発病に大きく関わってきます。以前は三大成人病(癌、心臓病、脳卒中)などといわれていましたが、成人の定義がはっきりしないこと…続きを読む

生活習慣病

糖尿病

糖尿病

花粉症

花粉症

肥満症

肥満症

高血圧症

どんな病気 私たちのからだのあらゆる部分に、酸素や栄養分を運んでいるのは血液です。血液を全身に行きわたらせるために、心臓はとても強い圧力で血液を送り出しています。このため、血液の通り道である血管(動脈)にも常に高い圧力がかかっています。この動脈にかかる圧力のことを「血圧」とい…続きを読む

高血圧症

腱黄色腫症

腱黄色腫症

動脈硬化症

動脈硬化症

痛風

痛風

気管支喘息

どんな病気 気管支喘息とは、ある状態に気管支が過敏に反応し、その結果気管支が収縮(細くなる)して息を吐くことができにくくなってしまう病気です。この状態が喘息発作で、患者さんは強い呼吸困難を訴え、この病気に独特なゼーゼー、ヒューヒューという音(喘鳴)が聞かれます。 しかし、…続きを読む

気管支喘息
妊活はシチュエーションを変えることも大事 不妊治療は愛情の確認から
インタビュー「『射精障害』での不妊が増えている」第3回:岡田弘医師(獨協医科大学埼玉医療センター・泌尿器科主任教授)

「非婚化」「晩婚化」と並んで、結婚した夫婦の間でも子どもができなくなっていることが、人口減少の一因であることは論をまたない。獨協医科大学埼玉医療センターの泌尿器科主任教授・岡田弘氏の診察室には、男性が原因で不妊となっている夫婦が数多く訪れる。なかでも近年、急速に増えているのが、挿入はできるけれど、女性の中で射精できない「膣内射精障害」だという。

Doctors Select

2017年4月より、はるひ呼吸器病院(愛知県)病…

堤寛

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年…

里中高志