>  > 暮らしとつながるサプリメント(日本サプリメント協会理事長 後藤典子)
「暮らしとつながるサプリメント(日本サプリメント協会理事長 後藤典子)」の記事一覧

本当に安全で栄養価のある食材とは何かを問い続けながら取材活動を続けるジャーナリストが、安全で有用な“素性のいい製品”の普及を促進するために日本サプリメント協会を立ち上げた。消費者、生活者の目線で語る生活の中の“栄養学”とは。

歯科医が「生活習慣病」などの予防医療の役目を担う~医療費削減の役割も!

歯科医院といえば、むし歯の治療や入れ歯を作ってもらうところだと、大概の人は思っているだろう。 ところが近年、歯周病とさまざまな内科的な病気との関連が注目され研究が進んでおり、歯科医院が生活習慣病などの予防医療に大きな役目を担えるのではないかと期待されているのである。なか…続きを読む

歯科医が「生活習慣病」などの予防医療の役目を担う~医療費削減の役割も!

ライオンの「トマト酢飲料」が誇大広告!〜トクホって本当に健康にいいものなのか?

消費者庁は3月1日、ライオンが販売する特定保健用食品(いわゆるトクホ)の飲料「トマト酢生活トマト酢飲料」に対して、誇大表示禁止を規定した健康増進法違反だとして勧告を言い渡した。トクホ製品としては初だ。 同庁によると、ライオンの昨年9~11月の新聞広告には、消費者庁から許…続きを読む

ライオンの「トマト酢飲料」が誇大広告!〜トクホって本当に健康にいいものなのか?
離島での事業継続と都市型のドミナント戦略の共存で急成長の訪問看護ST
インタビュー「訪問看護ステーション」後編:Recovery International株式会社代表・大河原峻さん

前編『自由な発想で事業を拡大!看護師が起業した「訪問看護ステーション」の成長の秘訣』
訪問看護の業界において、これまでの訪問看護の枠に囚われない自由な発想で事業を拡大し急成長を遂げている訪問看護ステーション「Recovery International株式会社」。同社を運営する河原峻氏に、今回は同社が進める離島での訪問看護事業、今後のビジョンなどについて話を聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

神戸市垂水区 名谷病院 内科勤務。1987年 産…

吉田尚弘

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

つつみ病理相談所http://pathos223…

堤寛