連載「暮らしとつながるサプリメント」第10回

歯科医が「生活習慣病」などの予防医療の役目を担う~医療費削減の役割も!

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
歯科医院が医療費削減を担う!歯科医が「生活習慣病」などの予防医療の役目を担うの画像1

歯科医院が医療費削減を担う(depositphotos.com)

 歯科医院といえば、むし歯の治療や入れ歯を作ってもらうところだと、大概の人は思っているだろう。

 ところが近年、歯周病とさまざまな内科的な病気との関連が注目され研究が進んでおり、歯科医院が生活習慣病などの予防医療に大きな役目を担えるのではないかと期待されているのである。なかでも「糖尿病」との関連は強く、「歯周病治療により高血糖が改善する」という報告が数多くあげられている。

 歯周病は慢性の感染症で、その細菌が血液中に入り込めば、特に心臓や脳、子宮などでの炎症を引き起こすかもしれないし、唾液に混じって気道に流れ込めば、肺炎を引き起す可能性もある。

 そうした全身のさまざまな病気を予防するという意味で、歯周病の治療や予防が果たす役割は実は大きいのである。

歯科医と内科医の連携を模索

 このことを歯科医師の共通の認識とすべく、セミナーやイベント、執筆などを通じて問いかけている歯科医の一人が、日本アンチエイジング歯科学会の松尾通(まつお・とおる)会長だ。歯科医と内科医の連携を模索している。

 特に糖尿病専門医である西田亙(にしだ・わたる)先生を招いた講演会を歯科界で積極的に開催し、「口腔ケアから、糖尿病の予防と治療」を推進している。西田先生は糖尿病専門医でありながら、自身の医院で患者に歯ブラシを勧めている。

 加えて推奨しているのが「ラクトバチルス・ロイテリ菌」という乳酸菌だ。一般的に乳酸菌といえば、腸内フローラを改善する目的で取るものだと考えるが、そればかりではなく、口内の環境改善にも働き、その殺菌作用で炎症を抑制してむし歯や歯周病、口臭などの予防と改善に一役買うというのである。

HIVも予防できる 知っておくべき性感染症の検査と治療&予防法
世界的に増加する性感染症の実態 後編 あおぞらクリニック新橋院内田千秋院長

前編『コロナだけじゃない。世界中で毎年新たに3億7000万人超の性感染症』

毎年世界中で3億7000万人超の感染者があると言われる性感染症。しかも増加の傾向にある。性感染症専門のクリニックとしてその予防、検査、治療に取り組む内田千秋院長にお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

あおぞらクリニック新橋院院長。1967年、大阪市…

内田千秋

(医)スターセルアライアンス スタークリニック …

竹島昌栄

ジャーナリスト、一般社団法人日本サプリメント協会…

後藤典子