シリーズ「クスリのリスク」 第1回

本当に「キンカン」は、「虫刺され」にも「肩こり・腰痛」にも効果のある<万能薬>なのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
なぜ「キンカン」は、まったく症状が異なる「虫刺され」と「肩こり・腰痛」に効くのか?の画像1

90年以上もの歴史がある金冠堂の主力商品「キンカン」(画像は同社のHPより)

 昔から変わらぬ「キンカン塗って、また塗って」のフレーズで知られる、90年以上もの歴史がある金冠堂の主力商品「キンカン」ですが、「その効果って実際どうなの?」と疑問に思ったことはありませんか?
 
 キャップを開けた瞬間、ツーンと鼻に突き刺さるような臭いがキンカンの特徴ですが、添付文書によると、主成分は「アンモニア水」が21.30ml、次いで「d-カンフル」が2.41g、「ℓ-メントール」が1.97g、「サリチル酸」が0.57g、「トウガラシチンキ」が0.35mlです。

「キンカン」には肌に刺激のあるものばかりが配合

 アンモニア水は、小中学校の理科の実験で一度は嗅いだことがあると思いますが、強烈な臭いを出すアレです。d-カンフルとℓ-メントールはスーッとする効果を持ち、サリチル酸は湿布などに良く使われている、あの独特な臭いを放つ薬品です。トウガラシチンキは、その名の通りトウガラシから作られるチンキで、もし舐めたら非常に辛い成分です。

 これらの成分をパッと見ただけでもわかると思いますが、非常に肌に刺激のあるものばかりが配合されています。

なぜまったく関連性のない「虫刺され」と「肩こり」「腰痛」が効能に並んでいるのか?

 効能を見てみると「虫刺され、かゆみ、肩こり、腰痛、打撲、捻挫」とあります。なぜまったく関連性のない「虫刺され」と「肩こり」や「腰痛」などが効能に並んでいるのでしょうか?

 キンカンのホームページには、その特徴として「すばやく患部の熱を奪い去り、皮ふの知覚マヒや血行促進等により、鎮痛・鎮痒・消炎作用を示し、虫刺され、かゆみ、肩こり、腰痛、打撲、捻挫に対して優れた効果を発揮します」と書かれています。

 それぞれの成分を特徴に当てはめてみると、「患部の熱を奪い去る=アンモニア・メントール・カンフルの気化」「血行促進=トウガラシチンキ・メントール・カンフルの熱感・冷感刺激」「消炎作用=サリチル酸の抗炎症作用」という感じになります。

 このように当てはめてみると、幅広い効能に納得できなくはないですが……。

がんになってもあきらめない妊活・卵巣凍結 費用は卵巣摘出に約60万円、保管は年間10万円
インタビュー「がんでも妊娠をあきらめない・卵巣凍結」後編・京野廣一医師

がん患者への抗がん剤による化学療法は妊孕性(妊娠のしやすさ)を低下させる。がんにより妊娠が難しくなる患者を支援するため、2016年4月に「医療法人社団レディースクリニック京野」が、治療前に卵巣を凍結して保存しておく「HOPE(日本卵巣組織凍結保存センター)」を設立すると発表した――。医療法人社団レディースクリニック京野理事長の京野廣一医師に卵巣凍結の仕組みについて訊いた。
前編『「がん」になっても妊娠・出産をあきらめたくない女性のための「卵巣凍結」とは?』

大阪市内のクリニック勤務。1987年 産業医科大…

吉田尚弘

小笠原クリニック札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認…

横山隆

シカゴ大学医学部内科・外科教授兼個別化医療センタ…

中村祐輔