花粉症対策の「駆け込み寺」はコレ! 花粉シェルターからネックレス型空気清浄機まで

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

切り札は「花粉症逃避トリップ」

 花粉症対策の究極は“花粉のない場所に行くこと”であり、「花粉症逃避トリップ」という奥の手もある。

 沖縄本島から南西に300km、日本屈指のリゾートアイランド宮古島にある複数のホテルで、スギ花粉が飛散する5月末まで「スギ花粉のない宮古島で過ごすプラン」などを提供している。スギは台風の強風に耐えられず、宮古島では生育しにくいため、植林も行われていない。スギ花粉によるアレルギー疾患の症状が現れないとされている。詳しくはこちら
 
 株式会社エアトリが、10代~70代の男女799名を対象に実施した「花粉症からの逃避行」に関するアンケート調査(2019年2月7日~2月11日)では、花粉を避けるための「避粉地」として、国内では1位「沖縄」(36.2%)と2位「北海道」(27.5%)が圧倒的な人気となり、海外では1位「ハワイ」(13.1%)、2位「韓国」(12.1%)、3位「タイ」(11.2%)という結果になっている。杉やヒノキの少ない東南アジアを中心に、ビーチリゾートが上位を占める傾向が見える。
 
 さて、花粉症のつらい季節があと1カ月近く続く人も多い。花粉を防御するか、症状を緩和するか、あるいは花粉のない場所に逃避行するか、まだまだ選択肢は残っているようだ。
(文=編集部)


HIVも予防できる 知っておくべき性感染症の検査と治療&予防法
世界的に増加する性感染症の実態 後編 あおぞらクリニック新橋院内田千秋院長

前編『コロナだけじゃない。世界中で毎年新たに3億7000万人超の性感染症』

毎年世界中で3億7000万人超の感染者があると言われる性感染症。しかも増加の傾向にある。性感染症専門のクリニックとしてその予防、検査、治療に取り組む内田千秋院長にお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

あおぞらクリニック新橋院院長。1967年、大阪市…

内田千秋

(医)スターセルアライアンス スタークリニック …

竹島昌栄

ジャーナリスト、一般社団法人日本サプリメント協会…

後藤典子