カフェインの“眠気覚まし効果”は3日以上は続かない! ムリせずに潔く「仮眠」が一番か!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
6566120-2.jpg

カフェインの効果は3日以上は続かない!(shutterstock.com)

 学生時代は夜を徹しての試験勉強に受験勉強、社会人になれば締切厳守の報告書や企画書の作成に追われ……。そんな「人生は睡眠不足の連続だ」という人にこそ読んでほしい最新研究を紹介したい。

 平日の平均睡眠時間が6時間を切るような場合、「カフェイン飲料」を頼りにしている人は少なくない。ところが、カフェイン神話を揺るがせる研究報告が、過日、米国・デンバーで開催されたAPSS(睡眠専門家協会)集会で発表された。

 報告者は、メリーランド州シルバースプリングにあるウォルター・リード陸軍研究所のTracy Jill Doty氏らである。それによると、何日か連続で睡眠不足が続いた後は、意外にもカフェインによる覚せい(=眠気覚まし)や精神能力(=集中力)を改善する効果が得られなくなるというのだ。

3日目以降はプラセボと同じ結果に

 カフェイン効果を探る研究は、次のような手順で行なわれた――。

 健康なボランティア48人が集められ、一晩の睡眠を「5時間」に制限した条件下で、5日間を過ごしてもらった。その間、被験者たちは1日2回、200mgのカフェインか有効成分を含まないプラセボ(偽薬)のいずれかを摂取し続けた。

 さらに、目が覚めている間は1時間ごとに知的技能テストが全員に実施され、それが5日間にわたって繰り返された。

 その結果、最初の2日間こそカフェイン摂取組がプラセボ組よりも優位性を示し、試験成績がよかった。だが、残りの3日間の成績は、逆転までは至らないまでも、プラセボ組との差が認められなくなってしまった。

 前出のDoty氏は「カフェインは睡眠が足りない時の能力低下に抗うために、世間でも広く使用されています。しかし、今回のデータは、1日当たりの有効用量のカフェインを摂取し続けても、複数日の睡眠制限から生じる能力低下を補う(予防する)には不十分であるという事実を示唆しています」と話す。

 そして、平均的なコーヒー1杯分のカフェイン含有量は95mgだが、「とりわけ意外だったのは1日2回の、200mgのカフェイン摂取による能力上昇が、3日間(×5時間)の睡眠制限後に失われてしまった点でした」と、Doty氏は自身の実験結果に驚きを隠せない。

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆