シリーズ「これが病気の正体!」第13回

【閲覧注意】巨大血腫で脳が変形~脳出血が起きると脳はこうなる

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

無治療が招いた男性(56歳)の死亡ケース(次頁にはグロテスクな画像が含まれます。閲覧にはご注意ください)

【閲覧注意】高血圧がもたらす脳出血~血圧コントロールで防ぐの画像2

【閲覧注意】高血圧がもたらす脳出血~血圧コントロールで防ぐの画像3

 掲載画像は、56歳・男性の例である。8年前より「高血圧」を指摘されていたが、「無治療」だった。競輪観戦中に突然「意識障害」をきたして倒れ、救急車で搬送されて来た。

 入院時、意識はほとんどなく、収縮期の血圧は実に300mmHgだった。

 頭部単純CTで、右大脳基底核に「出血巣」があり、脳室内にも出血が及んでいた。その結果、脳が反対側に押しやられるような変形(正中偏位)を認めた。脳圧を下げる薬が投与されたが、まもなく死亡した。

 剖検時の脳の割面(=水平断)肉眼像(=ホルマリン固定後)を示す。右被殻部を中心に径5cmの巨大な血腫が形成され、外側はくも膜下、内側は脳室内に出血(脳室穿破)が波及している。

 脳出血で右大脳半球は腫脹し、左側に著しくシフトしているのが判る。血腫の後部に「視床」が残っており、「外側型脳出血」と判定される。

 高血圧性脳出血は、高血圧のコントロールを心がければ、脳卒中のなかでも最も予防しやすい疾患である。降圧剤はきちんと飲み続けることが大切。飲んだり飲まなかったりすると、かえって危険が増しかねない。

 運悪く、脳室穿破をきたした脳出血の場合、このケースのようにきわめて不良である。多くの場合、手術はできない。
(文=堤寛)

シリーズ「これが病気の“正体”!」バックナンバー

HIVも予防できる 知っておくべき性感染症の検査と治療&予防法
世界的に増加する性感染症の実態 後編 あおぞらクリニック新橋院内田千秋院長

前編『コロナだけじゃない。世界中で毎年新たに3億7000万人超の性感染症』

毎年世界中で3億7000万人超の感染者があると言われる性感染症。しかも増加の傾向にある。性感染症専門のクリニックとしてその予防、検査、治療に取り組む内田千秋院長にお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

あおぞらクリニック新橋院院長。1967年、大阪市…

内田千秋

(医)スターセルアライアンス スタークリニック …

竹島昌栄

ジャーナリスト、一般社団法人日本サプリメント協会…

後藤典子