シリーズ「これが病気の正体!」第12回

【閲覧注意】胆嚢炎のなれの果て? 胆石で満ちた陶器のような胆嚢

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

長年の「胆嚢炎」のなれの果て(次頁にはグロテスクな画像が含まれます。閲覧にはご注意ください)

【閲覧注意】胆嚢炎のなれの果て? 胆石で満ちた陶器のような胆嚢の画像2
【閲覧注意】胆嚢炎のなれの果て? 胆石で満ちた陶器のような胆嚢の画像3

 70代女性にみられた「混合型胆石」と「陶器様胆嚢」だ。大小の小石のような黄色っぽい胆石が、胆嚢内を満たしている。胆嚢壁は卵の殻のように固く石灰化しており、まるで「陶器」のようにもみえる。

 これは「陶器様胆嚢」とよばれる「慢性胆嚢炎」の行き着いた最期の姿である。この胆嚢は、すでに胆汁の濃縮や分泌といった胆嚢固有の機能を失っている。そのため、胆嚢内の「石」が動いて症状を誘発することはない。

 実際、見た目の派手さに比べて、症状はあまりない。長年にわたる「胆嚢炎」のなれの果てなのだ。ただし、陶器様胆嚢に「胆嚢がん」ができることがある。「胆嚢がん」は女性に多い「タチのよくないがん」だ。ちなみに、がんの発生した胆嚢には、ほぼすべてのケースに胆石がある。

シリーズ「これが病気の“正体”!」バックナンバー

堤寛(つつみ・ゆたか)

つつみ病理相談所http://pathos223.com/所長。1976年、慶應義塾大学医学部卒、同大学大学院(病理系)修了。東海大学医学部に21年間在籍。2001〜2016年、藤田保健衛生大学医学部第一病理学教授。2017年4月~18年3月、はるひ呼吸器病院・病理診断科病理部長。「患者さんに顔のみえる病理医」をモットーに、病理の立場から積極的に情報を発信。患者会NPO法人ぴあサポートわかば会とともに、がん患者の自立を支援。趣味はオーボエ演奏。著書に『病理医があかす タチのいいがん』(双葉社)、『病院でもらう病気で死ぬな』(角川新書、電子書籍)『父たちの大東亜戦争』(幻冬舎ルネッサンス、電子書籍)、『完全病理学各論(全12巻)』(学際企画)、『患者さんに顔のみえる病理医からのメッセージ』(三恵社)『患者さんに顔のみえる病理医の独り言.メディカルエッセイ集①〜⑥』(三恵社、電子書籍)など。

堤寛の記事一覧

堤寛
胃の不快感の多くは実は「機能性ディスペプシア」という病気
日本初の『胃弱外来』開設」後編:巣鴨駅前胃腸内科クリニック・神谷雄介院長

前編『大病院を転々した末にたどり着く「胃弱外来」 初診から約1カ月で8割の患者の症状が改善』

胃痛やもたれ、むかつきなどの症状があっても、検査の結果異常がないと診断され悩みを抱える患者さんが少なくない。こうした胃の悩みを抱える人たちのために開設したのが胃弱外来。患者さんの多くは新しく認知された『機能性ディスペプシア』や『胃食道逆流炎症』などの疾患だ。その具体的な治療法について話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

くにたち駅前眼科クリニック院長。1986年、東京…

高橋現一郎

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

フィットネスアドバイザー。JT東京男子バレーボー…

村上勇