シリーズ「これが病気の正体!」第11回

【閲覧注意】黒い小石が体内にビッシリ…三大激痛の一つ「胆石症」の正体とは?

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 【閲覧注意】こんなものが体内に! 「胆石症」の激痛の正体とは?の画像1

胆石症(画像はモザイク加工のもの)

 「胆石症」とは、まるでサイコロやおはじき、あるいは庭の小石のような物体が「胆嚢(たんのう)」の中にできる病気です。宝石のように美しい石から泥やヘドロのようなものまでさまざまです。

 こんなものが体に! 驚きの胆嚢の画像を堪能してください。

 「胆嚢」とは、肝臓で作られる胆汁をぐっと濃縮する、5cm大の袋状の臓器です。肝臓の右側(右葉)の下にへばりついています。胸を覆う肋骨がなくなり、お腹に移行する位置の右寄りにあります。

 「胆石」が疑われると超音波検査で調べます。超音波をお腹に当てると、「石」のある部位で波が強く跳ね返ってきます。このエコー(反射波)をコンピュータ処理で画像化して診断します。

 正常な胆嚢には、胆石はできません。胆石は、胆汁成分が固まって(結晶化して)できる異常な状態だからです。胆石を持つ胆嚢には、多かれ少なかれ炎症と線維化があります。そのため、「胆石症」と「慢性胆嚢炎」はほぼ同義語で使われます。

 胆嚢は「胆汁を濃縮する」のが最重要の役目。ほとんどの胆石は胆嚢の中にできます。たまに、胆嚢外の胆管(肝内胆管や総胆管)に「石」ができることもあります。

胆汁の色の正体は?

 正常な胆汁は、黄褐色から黒褐色をしています。褐色の成分は「ビリルビン(胆汁色素)」。「ビリ=胆汁」「ルビ=ルビーの赤」「ン(イン)=物質」を意味し、つまり「ビリルビン」とは「胆汁中の赤い物質」ということです。

 この「ビリルビン」は、赤血球が持つ赤い酸素運搬タンパク、ヘモグロビン(鉄を含むヘム成分)の分解産物です。そのままでは水に溶けにくいのですが、肝臓でグルクロン酸抱合されて、水溶性のビリルビンとなり、胆汁中へと分泌されます。

 余談ですが、ビリルビンは尿も出ます。尿の色は、ビリルビンやその分解産物の色です。血液検査のとき、赤血球を取り除いた血清はきれいな黄褐色をしています。これも微量に存在するビリルビンの色なのです。

 胆汁の2つ目の成分は「コレステロール」。太った人の血清中に増えるあの悪名高い脂肪成分です。コレステロールは正常な細胞膜の成分で、ステロイドホルモンの原料となる重要な栄養素です。

 その多くは、肝臓で作られて代謝されます。肝臓で作られたコレステロールは、胆汁中へと活発に分泌されます。黄色い色調が特徴です。

 コレステロールは脂肪の仲間なので水に溶けません。そこで登場するのが、3つ目の胆汁成分である「胆汁酸」。胆汁酸はコレステロールを乳化して、水が主成分である胆汁中でコレステロールが安定して存在できるようにします。いわば、石けんの役目です。

 さらに言えば、胆汁酸は肝臓でタウリン抱合され、この抱合型胆汁酸が胆汁中で活躍します。ビリルビンが血中に増えると「黄疸(おうだん)」となり、結膜や皮膚が黄染します。そのとき、胆汁酸も同時に血中で増えます。「石けん成分」が皮膚を刺激するので、「黄疸」が出るとかゆくなるのです。

コレステロール結石の原因は?

 胆石になる成分は「ビリルビン」と「コレステロール」です。ビリルビンが結晶化して固まると、褐色が濃縮して真っ黒に。コレステロールの結晶は、美しい黄色です。

 聡明な読者は、胆石がどうしてできるのか、もう想像できたかもしれません。

 コレステロールが胆嚢内で結晶化するのは、胆汁中に肝臓から過剰なコレステロールが分泌され、胆汁酸の働きを超えることが原因です。そう、ご想像の通り、コレステロール結石(コレステロールが主成分の黄色い結石)を患う人は肥満体が多いのです。

 血中と胆汁中のコレステロールは必ずしも並行しないので、コレステロール結石を持つ患者のすべてが血中のコレステロール値が高いとは限りません。

 「コレステロール結石」の患者の特徴は「4Fs」と表現されます。40代(forty)・肥満(fatty)・多産(fertile)の女性(female)。なぜか胆嚢の病気は、胆嚢がんを含めて女性に多いのです。

 典型的な「コレステロール結石」の画像を紹介しましょう。

堤寛(つつみ・ゆたか)

2017年4月より、はるひ呼吸器病院(愛知県)病理診断科の病理部長。1976年、慶應義塾大学医学部卒、同大学大学院(病理系)修了。東海大学医学部に21年間在籍。2001〜2016年、藤田保健衛生大学医学部第一病理学教授。「患者さんに顔のみえる病理医」をモットーに、病理の立場から積極的に情報を発信。患者会NPO法人ぴあサポートわかば会とともに、がん患者の自立を支援。趣味はオーボエ演奏。著書に『病理医があかす タチのいいがん』(双葉社)、『病院でもらう病気で死ぬな』(角川新書、電子書籍)『父たちの大東亜戦争』(幻冬舎ルネッサンス、電子書籍)、『完全病理学各論(全12巻)』(学際企画)、『患者さんに顔のみえる病理医からのメッセージ』(三恵社)『患者さんに顔のみえる病理医の独り言.メディカルエッセイ集①〜⑥』(三恵社、電子書籍)など。

堤寛の記事一覧

堤寛
外反母趾や足裏のつらい痛みに「ゆったり靴」はNG!自分の足の個性に合う靴選びを
インタビュー「インソールで健康増進&機能アップ」第2回 日本フットケアサービス㈱代表取締役社長 大平吉夫

足の形は普段履いている靴や生活習慣の影響を受けるが、顔と同じように、生まれつき決まっている部分も大きい。一人ひとりで異なる足の個性に合わせて靴を選び、インソール(靴の中敷き)を使うことで、日常生活を支障なく過ごせるだけでなく、自分の能力を最大限に発揮させることができそうだ。人の目にさらされる機会がほとんどない、地味な存在のインソールだが、実に多様な機能を発揮しているようだ。義肢装具士の大平吉夫さんに詳しく聞いた。
第1回「インソールで体調が改善、疲れにくく生活が楽になる!運動も楽しめる!」

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

2017年4月より、はるひ呼吸器病院(愛知県)病…

堤寛

神戸市垂水区 名谷病院 内科勤務。1987年 産…

吉田尚弘

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年…

里中高志