連載「歯科医療の革命~顕微鏡歯科治療」第3回

顕微鏡歯科治療で「歯科医の技術の差」が明らかに!大切なのは「見える治療」と「見せる治療」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

歯科用の顕微鏡で技術の差が明らかに

顕微鏡歯科治療で「歯科医の技術の差」が明らかに!大切なのは「見える治療」と「見せる治療」の画像2

実際の診療風景 患者さんは治療のすべてを見ることができる

 歯科医院に通院する理由は人それぞれですが、よく耳にするのは「家から職場から近いか」「先生やスタッフが優しそう」「きれいな診療所」「痛くなさそう」などです。しかし、多くの歯科医は「僕ら歯科医は技術職、腕の良さを理由に通ってほしいよね」と思っています。

 これまで歯科医の一番の腕の見せどころは「技術」でした。たとえば、細かい虫歯を1mm以下の小さい器具と取る作業だったりしたので、治療を受けている患者さんはもちろん、アシストの歯科衛生士でさえ、その様子を見ることができませんでした。

 これも顕微鏡を使うことで、アシスタントはTVモニターに映し出される映像を見ることができますし、患者さんもゴーグル型モニターか録画した映像で確認すことができるようになりました。

 今後、歯科用の顕微鏡が広く普及し、多くの歯科医が治療に取り入れると、そこから歯科医の技術の差が見えてくるはずです。本当の意味で、歯科医の腕の良さが評価できる時代が来ると、私は確信しています。
(文=山口義徳/山口歯科クリニック院長)


顕微鏡歯科治療で「歯科医の技術の差」が明らかに!大切なのは「見える治療」と「見せる治療」の画像3

山口義徳(やまぐち・よしのり)
CT&マイクロ治療センター山口歯科クリニック院長。1992年、日本大学松戸歯学部卒業。97年4月、恵比寿に山口歯科クリニック開設。2010年、恵比寿にて移転し、保険外診療所としてオープン。所属学会は、日本顕微鏡歯科学会(認定医)、日本抗加齢医学会(認定医)、日本口腔インプンラント学会(会員)、日本歯内療法学会(会員)、日本顎咬合学会(会員)。

胃の不快感の多くは実は「機能性ディスペプシア」という病気
日本初の『胃弱外来』開設」後編:巣鴨駅前胃腸内科クリニック・神谷雄介院長

前編『大病院を転々した末にたどり着く「胃弱外来」 初診から約1カ月で8割の患者の症状が改善』

胃痛やもたれ、むかつきなどの症状があっても、検査の結果異常がないと診断され悩みを抱える患者さんが少なくない。こうした胃の悩みを抱える人たちのために開設したのが胃弱外来。患者さんの多くは新しく認知された『機能性ディスペプシア』や『胃食道逆流炎症』などの疾患だ。その具体的な治療法について話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

くにたち駅前眼科クリニック院長。1986年、東京…

高橋現一郎

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

フィットネスアドバイザー。JT東京男子バレーボー…

村上勇