連載「歯科医療の革命~顕微鏡歯科治療」第3回

顕微鏡歯科治療で「歯科医の技術の差」が明らかに!大切なのは「見える治療」と「見せる治療」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

歯科用の顕微鏡で技術の差が明らかに

顕微鏡歯科治療で「歯科医の技術の差」が明らかに!大切なのは「見える治療」と「見せる治療」の画像2

実際の診療風景 患者さんは治療のすべてを見ることができる

 歯科医院に通院する理由は人それぞれですが、よく耳にするのは「家から職場から近いか」「先生やスタッフが優しそう」「きれいな診療所」「痛くなさそう」などです。しかし、多くの歯科医は「僕ら歯科医は技術職、腕の良さを理由に通ってほしいよね」と思っています。

 これまで歯科医の一番の腕の見せどころは「技術」でした。たとえば、細かい虫歯を1mm以下の小さい器具と取る作業だったりしたので、治療を受けている患者さんはもちろん、アシストの歯科衛生士でさえ、その様子を見ることができませんでした。

 これも顕微鏡を使うことで、アシスタントはTVモニターに映し出される映像を見ることができますし、患者さんもゴーグル型モニターか録画した映像で確認すことができるようになりました。

 今後、歯科用の顕微鏡が広く普及し、多くの歯科医が治療に取り入れると、そこから歯科医の技術の差が見えてくるはずです。本当の意味で、歯科医の腕の良さが評価できる時代が来ると、私は確信しています。
(文=山口義徳/山口歯科クリニック院長)


顕微鏡歯科治療で「歯科医の技術の差」が明らかに!大切なのは「見える治療」と「見せる治療」の画像3

山口義徳(やまぐち・よしのり)
CT&マイクロ治療センター山口歯科クリニック院長。1992年、日本大学松戸歯学部卒業。97年4月、恵比寿に山口歯科クリニック開設。2010年、恵比寿にて移転し、保険外診療所としてオープン。所属学会は、日本顕微鏡歯科学会(認定医)、日本抗加齢医学会(認定医)、日本口腔インプンラント学会(会員)、日本歯内療法学会(会員)、日本顎咬合学会(会員)。

離島での事業継続と都市型のドミナント戦略の共存で急成長の訪問看護ST
インタビュー「訪問看護ステーション」後編:Recovery International株式会社代表・大河原峻さん

前編『自由な発想で事業を拡大!看護師が起業した「訪問看護ステーション」の成長の秘訣』
訪問看護の業界において、これまでの訪問看護の枠に囚われない自由な発想で事業を拡大し急成長を遂げている訪問看護ステーション「Recovery International株式会社」。同社を運営する河原峻氏に、今回は同社が進める離島での訪問看護事業、今後のビジョンなどについて話を聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

神戸市垂水区 名谷病院 内科勤務。1987年 産…

吉田尚弘

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

つつみ病理相談所http://pathos223…

堤寛