連載「歯科医療の革命~顕微鏡歯科治療」第2回

顕微鏡医学の歴史〜歯科での顕微鏡の使用は根管治療からスタート

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
顕微鏡医学の歴史〜歯科での顕微鏡の使用は根管治療からスタートの画像1

顕微鏡医学は歯科でも広がりを見せている(depositphotos.com)


 小学生の頃に虫メガネで草花や昆虫を観察して、肉眼では見ることのできない、その精緻な構造を知り興奮した覚えが誰しもあると思います。ヒトには「見えないものを見てみたい」という欲求があるようです。

 今回は顕微鏡の歴史を紐解いてみます。

顕微鏡医学の歴史

 顕微鏡を最初に作ったのは、17世紀半ばのオランダ人、アントニ・ファン・レーウェンフックと言われています。ガラス玉を用いた簡単な構造ながら、その倍率は数百倍に達し、それまで見ることのできなかった微生物の存在を明らかにしたため、「微生物学の父」と呼ばれています。

 肉眼では見えない生物が存在している! 当時の常識からすればあり得ない微生物を見たレーウェンフックはさぞや心踊る思いだったでしょう。

 その後、顕微鏡は進化を遂げ、1920年代に耳鼻科の手術に使われ始めます。微生物が原因で生じる病気に対峙していた医者が、顕微鏡で体の中を見ようとすることは必然だったと言えましょう。

顕微鏡医学の歴史〜歯科での顕微鏡の使用は根管治療からスタートの画像2

【写真1】OPMI1(Carl Zeiss社)

 【写真1】は1953年世界最初に商業的に販売された手術用顕微鏡であるOPMI1(Carl Zeiss社)です。この製品は産婦人科での使用を期待して作られたのですが、当時の産婦人科医にはその有用性を認められず、耳鼻科での普及が進み、その絶大な効果が知られることになりました。

 その後、婦人科、眼科、脳外科と医科領域全般で使われるようになり、それぞれの分野で診査、手術のレベルを飛躍的に進歩させてゆくことになります。

 当時、顕微鏡を用いる効果を「これは防腐、無菌、麻酔の導入によって手術が大きく変わったことに匹敵します」(アドルフミールケ:著、田中博之&田中紀久子:訳『マイクロサージャリーの歴史』より引用)と評されました。そして現在は顕微鏡なしでの手術は考えられないほどに普及しているのです。

三橋純(みつはし・じゅん)

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長。1989年、新潟大学歯学部卒業後、東京歯科研究会、三橋歯科医院(新潟市)、荒木歯科医院(東京都大田区)を経て2000年にデンタルみつはし開業。2006年、日本顕微鏡歯科学会理事、2009年、日本顕微鏡歯科学会副会長、2010年より「顕微鏡歯科ネットワークジャパン」発起人・認定医。主な著書に『顕微鏡歯科入門』、月刊「歯界展望」別冊『顕微鏡歯科を始めよう』、『写真でわかるラバーダム防湿法』、その他、雑誌への掲載論文多数。

三橋純の記事一覧

三橋純
妊活はシチュエーションを変えることも大事 不妊治療は愛情の確認から
インタビュー「『射精障害』での不妊が増えている」第3回:岡田弘医師(獨協医科大学埼玉医療センター・泌尿器科主任教授)

「非婚化」「晩婚化」と並んで、結婚した夫婦の間でも子どもができなくなっていることが、人口減少の一因であることは論をまたない。獨協医科大学埼玉医療センターの泌尿器科主任教授・岡田弘氏の診察室には、男性が原因で不妊となっている夫婦が数多く訪れる。なかでも近年、急速に増えているのが、挿入はできるけれど、女性の中で射精できない「膣内射精障害」だという。

Doctors Select

2017年4月より、はるひ呼吸器病院(愛知県)病…

堤寛

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年…

里中高志