ホットヨガは普通のヨガと効果は同じ? それでも汗をかくという行為は……

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ホットヨガは無意味なのか?

 この論文だけをみると、ホットヨガ支持者には残念な結果かもしれない。だが、たくさん汗をかくことは、血管機能の向上以外での効果がある。

 たとえば、発汗によって汗腺を刺激され、カラダが汗をかきやすくなり、新陳代謝の促進や体温調節機能の強化につながる。何より、汗をかくことは爽快だ。気分がすっきりする――とても大切なことだ。

 私たちは「健康のために、このような効果があるから」と計算し尽くして選んで運動するわけではない。最終的には「やりたい」というモチベーションが、運動を長続きさせる理由のひとつになるはずだ。

 今回の研究では、血管機能の面からは通常ヨガと効果はあまり変わらないことが報告された。しかし、「汗をかく」「気持ちが良い」という面にも目を転じてみてはどうだろう。大切なのは、多角的に評価して複合的に考えることだ。

 「血管を鍛えるためにホットヨガをやりたい」という人には、「普通のヨガでも効果はあまり変わらないよ」と助言できる。だが、「健康や美容のためにホットヨガ」ならオススメだ。カラダを動かすほうが、間違いなく健康的だ。

 トレンドや気分、人付き合い、ファッション……動機はどうであれ、「運動は副作用のない薬」なのだから。
(文=三木貴弘)

参考文献
Hunter SD, Laosiripisan J, Elmenshawy A, Tanaka H. Effects of yoga interventions practised in heated and thermoneutral conditions on endothelium-dependent vasodilatation: The Bikram yoga heart study. Exp Physiol [Internet]. 2018 Feb 4 [cited 2018 Feb 21]; Available from: http://doi.wiley.com/10.1113/EP086725
http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1113/EP086725/full

三木貴弘(みき・たかひろ)

理学療法士。日本で数年勤務した後、豪・Curtin大学に留学。オーストラリアで最新の理学療法を学ぶ。2014年に帰国。現在は、医療機関(札幌市)にて理学療法士として勤務。一般の人に対して、正しい医療知識をわかりやすく伝えるために執筆活動にも力を入れている。お問い合わせ、執筆依頼はcontact.mikitaka@gmail.comまで。

三木貴弘の記事一覧

三木貴弘
難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

一般社団法人日本薬業研修センター漢方講座執筆・編…

笹尾真波

新宿大腸クリニック院長。1988年、東京大学医学…

後藤利夫

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆