連載「恐ろしい危険ドラッグ中毒」第45回

美味だが危険なフグの猛毒! 中毒は10年間で240件、有効な解毒薬はナシ

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

我が国におけるフグ中毒の発生状況

 厚生労働省の食中毒統計資料によると、2007~2016年の10年間では、全国で240件発生し、総患者数は354人で、9人の死亡例が認められたと報告している。

 そのほとんどが、自分で釣ってきたり他人から受け取ったりしたフグを、自分自身で調理して中毒症状を呈したケースである。

 フグ中毒を起こさないために留意すべきことは、絶対に素人は調理しないこと。特にフグの肝臓、卵巣などの内臓は、フグの種類の如何にかかわらず絶対に口にしてはならない。フグ料理は、資格を有する調理師に任せることが災難に遭わない最も留意すべき点である。
(文=横山隆)

連載「恐ろしい危険ドラッグ中毒」バックナンバー

HIVも予防できる 知っておくべき性感染症の検査と治療&予防法
世界的に増加する性感染症の実態 後編 あおぞらクリニック新橋院内田千秋院長

前編『コロナだけじゃない。世界中で毎年新たに3億7000万人超の性感染症』

毎年世界中で3億7000万人超の感染者があると言われる性感染症。しかも増加の傾向にある。性感染症専門のクリニックとしてその予防、検査、治療に取り組む内田千秋院長にお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

あおぞらクリニック新橋院院長。1967年、大阪市…

内田千秋

(医)スターセルアライアンス スタークリニック …

竹島昌栄

ジャーナリスト、一般社団法人日本サプリメント協会…

後藤典子