くしゃみを我慢しようとしたら喉の奥が破裂して重体に…くしゃみは我慢するな!

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

セックスを妄想すると、くしゃみが出るのはなぜ?

 くしゃみの迷信がある。「一に褒められ、二に振られ、三に惚れられ、四に風邪」。当たらずとも遠からず。たかが、くしゃみだが、我慢すれば破裂となれば、迷信どころではない。ところが、くしゃみとセックスの意外な関係を探った研究がある。

 英国の医師のMahmood Bhutta氏とHarold Maxwell氏は、セックスを想像するたびにくしゃみの発作に見舞われた患者の事例を英国王立医学協会(Royal Society of Medicine)の医学誌『Journal of the Royal Society of Medicine(JRSM)』に報告した(「AFPBB News」2008年12月20日)。

 報告によれば、Bhutta氏らは、インターネット上のチャットルームを分析したところ、男女17人がセックスを想像するや否やくしゃみを発し、別の3人はオーガズムに達した後にくしゃみを発した事実が判明した。

 くしゃみは、性的興奮の兆候の可能性があるので、相手がくしゃみをすれば、性的な関係を妄想しているサインになるのだろうか?

 Bhutta氏は「この反射行動は、自律神経系の神経の配線に残された進化の過程における遺物を示すもの。この現象は、遺伝する可能性もある」と述べる。

 心拍数の変化や瞳孔の収縮などを制御している自律神経系は、自意識によってコントロールできない。だが、Bhutta氏によると「自律神経系は、ときどき信号が混線する場合があるため、セックスのことを考えた時にくしゃみをするのではないか」と説明する。

 セックスとくしゃみの関係性を示す研究論文は、世界の医学誌にも1〜2件しかない。最も近年の報告は、69歳の男性がオーガズムに達した後に、激しいくしゃみに悩まされているとする研究で、1972年に米医師会の医学誌『Journal of the American Medical Association(JAMA)』に掲載されている。

 Bhutta氏は「困惑や社会的な抑制がこの話題の報道を妨げているが、さらなる研究によって光が当てられるかもしれない」と期待を込める。その後の研究成果がが待ち遠しい。

くしゃみは自分で抑制できない

 さて、不吉がられたり、恐れられたり、ありがたがられり、評価が定まらないくしゃみ。

 くしゃみ(sneeze)は、1回ないし数回の痙攣的な吸気を行った後に強い呼気をする反応(不随意運動)なので、自分で抑制できない。また、くしゃみが出ると、瞬間的に目をつぶったり、腕の筋肉が収縮・硬直したりするため、自動車の運転や機械操作の時、熱い飲み物を飲んでいる時などは危険だ。
 
 風邪やインフルエンザの季節。くしゃみによる唾液の飛散には注意が必要だ。米国疾病予防センター(CDC)によれば、くしゃみをすると、唾液の飛沫は、約1m飛び、1回のくしゃみで病原菌がおよそ10万個も飛散する。

 ただ、風邪やインフルエンザなら飛沫感染の恐れがあるものの、くしゃみの我慢は禁物。くしゃみや咳が出るときは必ずマスクをしよう。

 本サイトの「感染予防はマスクだけでは不十分! インフルエンザ拡大を防ぐ「咳エチケット」とは」もぜひ読んでほしい。
(文=編集部)

HIVも予防できる 知っておくべき性感染症の検査と治療&予防法
世界的に増加する性感染症の実態 後編 あおぞらクリニック新橋院内田千秋院長

前編『コロナだけじゃない。世界中で毎年新たに3億7000万人超の性感染症』

毎年世界中で3億7000万人超の感染者があると言われる性感染症。しかも増加の傾向にある。性感染症専門のクリニックとしてその予防、検査、治療に取り組む内田千秋院長にお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

あおぞらクリニック新橋院院長。1967年、大阪市…

内田千秋

(医)スターセルアライアンス スタークリニック …

竹島昌栄

ジャーナリスト、一般社団法人日本サプリメント協会…

後藤典子