連載第1回 東洋医学と西洋医学の接点

意外に知られていない「漢方」と「中医学」の違いとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
new_myakushin.jpg

脈の取り方も違う漢方と中医shutterstock.com

 日本では一般的に「漢方」と「中医学」についての認識と理解は、次の3つにまとめられる。
「漢方も中医学も同じこと」
「漢方は中医学の一部」
「日本では中医学を知る人は少なく、漢方や東洋医学と言ったほうがわかりやすい」
 
 つまり、「漢方」も「中医学」も、そもそも不明瞭のままというのが現状である。

 ちなみに中医学は中国医学のことであり、ChineseMedicineとして国際的に通用する。一般的には「東洋医学」とひとくくりで呼ばれることもあるが、この連載では日本独自の体系「漢方」と「中医学」を対比しながら説明する。

 さて、漢方と中医学はあるのか? 違いがあるのなら、どのような違いがあるのか? そのような点について、その歴史・由来、主な理論、臨床診療の3点から検討しよう。

 まずは歴史・由来について。約3000年前に中医学の主な理論や中薬方剤(薬剤)について記された最古の中国の医学書『黄帝内経』が誕生した。この約30万文字の巨作は、代々の中医臨床家の努力、研究により捕捉されていき、次第に完璧な中医学の体系として形成されてきた。

漢方は中医学の一部が日本で独自の変化を遂げたもの

 中医学とは「精」「気」「神」の3つの宝を強調し、陰陽説と五行説を核心理論として、五臓六腑、気血、津液(しんえき)の生理・病理を説明する。または、脈診(みゃくしん)、舌診、問診などを通し、患者の病状、病性、病位を把握する。その上に、患者の証(全体像)を立てて一番合う有効な治療、つまり、中薬、針灸、推拿(すいな、整体)、気功、薬膳などを行う。これは中医学の「弁証論治」(べんしょうろんち)と呼ばれ、中医学の精髄であり、数千年にわたって、中医学の有効性とその価値を証明してきた。
 
 日本、中国の交流、往来の歴史は非常に長い。唐朝には日本から大勢の遣唐使や留学生が当時の都・長安に訪れ、唐朝の歴法、書道、仏教、中医学などを勉強した。帰国の時にいろいろな土産を持ち帰り、その中には東漢の中医学の名作『傷寒雑病論』もあった。

『傷寒雑病論』の著者、張仲景氏は、東漢末の著名な中医学家であり、彼は『黄帝内経』を学んだ上に、自己の臨床実践の経験を積んで、この大作を執筆した。日本では漢方医になるためにはこの『傷寒雑病論』が必読の定本であり、臨床治療の場合にも、本書の論述を参考しながら処方される。また、日本の漢方メーカーであるツムラの医療用漢方製剤には129個の方剤を発売しているが、その中の半数以上が『傷寒雑病論』によるものだ。

 こうした歴史の由来を考えれば、漢方は中医学の一部分であり、漢方=中医学とは言えないことがわかる。

 次に主な理論について見ていこう。漢方は中医学の『傷寒雑病論』から生まれている点や、中医学の陰陽、五行、気血、臓腑などの理論が一致している。しかし、漢方には日本風土の実情に合わせて変更が加えられている。日本は島国であり、梅雨が長く湿気も多い。水湿(体の水分が溜まっている状態)は体の生理、病理の変化に強く与える。そのため漢方は独自の「気血水」の理論を生み出し、臨床では日本風土の実情に合う治療が徐々に広がっていった。しかし、中医学の「気血津液」の理論とは顕著に区別されるものだ。

共通性と独自性が交錯する漢方と中医学

 実際の臨床診療について見てみよう。漢方は中医学と同じく四診法(望診、問診、聞診、切診)を重視する。皮膚の色・顔色、目の色、舌の状態などを診る「望診」、体臭・口臭、声・呼吸音などを診る「聞診」、患者の話す言葉を診る「問診」、手の脈をとり、腹部の堅さや柔らかさ張りなどを触って診る「切診」である。

 しかし「切診」の中に含まれる「脈診」と「腹診」では大きな違いが見られる。まず「脈診」において、中医学の場合、医者の同一の片手で患者の左右の脈を測る。漢方の場合、医者の両手で同時に患者の左右の脈を測る。なぜ中医学を出自とする漢方は、中医学と「脈診」の取り方が違うか?

 中医学の「脈診」とは一つの時期に形成される診断法ではなく、長い歴史を経て、脈の強さ(虚、実)、速度(数、遅)、リズム(不整脈)、部位(浮、沈)だけではなくて、脈の形態、粗さ、長さなどを追究し、実に28種類の脈の種類が診断に使われている。

 一方、漢方の「脈診」とは、脈の部位(浮、沈)、脈の強さ(虚、実)、速度(数、遅)、脈の大きさ(大、小)だけを追究する。したがって、両手で数種類の脈を測ることが可能である。しかし、28種類の脈を一気に左右両手で測ることはできるだろうか。まず不可能である。こうした取り入れる情報量によって「脈診」の仕方も違いが出てくる。

 現在の漢方医でも、中医学の「脈診」を積極に取り入れ、脈形が長くまっすぐで琴の弦をおさえるように触れる「弦脈」、脈形が細い「細脈」、脈拍が小刀で竹を削るように触れる「渋脈」などを取り入れている場合がある。

 腹部全体を触診する「腹診」では、漢方の流派により多彩な方法があり、腹部の同じ部位でも流派により示す病気が違う。逆に中医学での腹診は中医学の「腹診」は大学の統一教科書によって実践されている。
 
 以上、漢方と中医学の違いを簡単にまとめてみた。結論としては、漢方は中医学の『傷寒雑病論』から生まれ、日本風土の実情を盛り込んで発展されたものだといえよう。漢方と中医学はそれぞれの特徴を持ち、相互に影響しあいながら人類の健康、防病、治病の役割を担っているのだ。


new_geison.jpg

孫 迎

孫 迎(そんげい)
1985年中国上海中医薬大学卒業。元WHO上海国際針灸養成センター上海中医薬大学講師、上海市針灸経絡研究所主治医師1987年糖尿病について優秀な研究成果で、中国厚生省の三等奨を獲得。来日後、早稲田大学大学院臨床心理学修了。中国医学開発研究院理事長、専任教授。呉迎上海第一治療院副院長。
●得意分野:婦人病、不妊症、痛症、運動系、リウマチ、内科、内分泌科等。

連載「東洋医学と西洋医学の接点」バックナンバー

呉澤森(ご・たくしん)

呉迎上海第一治療院院長。中国上海中医薬大学院卒業。元WHO上海国際針灸養成センター講師、元上海針灸経絡研究所研究員、主任医師。1988年、北里東洋医学研究所の招待で来日。現在、多数の針灸専門学校の非常勤講師を務め、厚生大臣指定講習会専任講師、日本中国医学開発研究院院長、主席教授、日本中医臨床実力養成学院院長なども兼務している。『鍼灸の世界』(集英社新書)が有名。
●得意分野:不妊症、内科全般、生殖泌尿系統、運動系、脳卒中後遺症、五官科(目(視覚)・耳(聴覚)・舌(味覚)・鼻(嗅覚)・皮膚(触覚)。特に眼科)等

呉澤森の記事一覧

呉澤森
がんになってもあきらめない妊活・卵巣凍結 費用は卵巣摘出に約60万円、保管は年間10万円
インタビュー「がんでも妊娠をあきらめない・卵巣凍結」後編・京野廣一医師

がん患者への抗がん剤による化学療法は妊孕性(妊娠のしやすさ)を低下させる。がんにより妊娠が難しくなる患者を支援するため、2016年4月に「医療法人社団レディースクリニック京野」が、治療前に卵巣を凍結して保存しておく「HOPE(日本卵巣組織凍結保存センター)」を設立すると発表した――。医療法人社団レディースクリニック京野理事長の京野廣一医師に卵巣凍結の仕組みについて訊いた。
前編『「がん」になっても妊娠・出産をあきらめたくない女性のための「卵巣凍結」とは?』

市民のためのがん治療の会代表。舌がん治療による体…

曾田昭一郎

2017年4月より、はるひ呼吸器病院(愛知県)病…

堤寛

理学療法士。日本で数年勤務した後、豪・Curti…

三木貴弘