連載第1回 東洋医学と西洋医学の接点

意外に知られていない「漢方」と「中医学」の違いとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
new_myakushin.jpg

脈の取り方も違う漢方と中医shutterstock.com

 日本では一般的に「漢方」と「中医学」についての認識と理解は、次の3つにまとめられる。
「漢方も中医学も同じこと」
「漢方は中医学の一部」
「日本では中医学を知る人は少なく、漢方や東洋医学と言ったほうがわかりやすい」
 
 つまり、「漢方」も「中医学」も、そもそも不明瞭のままというのが現状である。

 ちなみに中医学は中国医学のことであり、ChineseMedicineとして国際的に通用する。一般的には「東洋医学」とひとくくりで呼ばれることもあるが、この連載では日本独自の体系「漢方」と「中医学」を対比しながら説明する。

 さて、漢方と中医学はあるのか? 違いがあるのなら、どのような違いがあるのか? そのような点について、その歴史・由来、主な理論、臨床診療の3点から検討しよう。

 まずは歴史・由来について。約3000年前に中医学の主な理論や中薬方剤(薬剤)について記された最古の中国の医学書『黄帝内経』が誕生した。この約30万文字の巨作は、代々の中医臨床家の努力、研究により捕捉されていき、次第に完璧な中医学の体系として形成されてきた。

漢方は中医学の一部が日本で独自の変化を遂げたもの

 中医学とは「精」「気」「神」の3つの宝を強調し、陰陽説と五行説を核心理論として、五臓六腑、気血、津液(しんえき)の生理・病理を説明する。または、脈診(みゃくしん)、舌診、問診などを通し、患者の病状、病性、病位を把握する。その上に、患者の証(全体像)を立てて一番合う有効な治療、つまり、中薬、針灸、推拿(すいな、整体)、気功、薬膳などを行う。これは中医学の「弁証論治」(べんしょうろんち)と呼ばれ、中医学の精髄であり、数千年にわたって、中医学の有効性とその価値を証明してきた。
 
 日本、中国の交流、往来の歴史は非常に長い。唐朝には日本から大勢の遣唐使や留学生が当時の都・長安に訪れ、唐朝の歴法、書道、仏教、中医学などを勉強した。帰国の時にいろいろな土産を持ち帰り、その中には東漢の中医学の名作『傷寒雑病論』もあった。

『傷寒雑病論』の著者、張仲景氏は、東漢末の著名な中医学家であり、彼は『黄帝内経』を学んだ上に、自己の臨床実践の経験を積んで、この大作を執筆した。日本では漢方医になるためにはこの『傷寒雑病論』が必読の定本であり、臨床治療の場合にも、本書の論述を参考しながら処方される。また、日本の漢方メーカーであるツムラの医療用漢方製剤には129個の方剤を発売しているが、その中の半数以上が『傷寒雑病論』によるものだ。

 こうした歴史の由来を考えれば、漢方は中医学の一部分であり、漢方=中医学とは言えないことがわかる。

アジア圏での“独特の美”を追求~世界トップクラスの症例数を誇る日本の美容医療
インタビュー「ここから変わる! 美容外科の世界~グローバル化する日本の美容医療」第1回 聖心美容クリニック 鎌倉達郎 統括院長

日本の美容医療は、果たして世界のトップレベルにあるのか――。「第104回日本美容外科学会(JSAS)」の会長を務めた、鎌倉達郎医師に、日本の美容医療の現状と世界の趨勢について聞いた。